【新潟・舞子温泉】スキー場も豊富!米の美味しい南魚沼市の温泉地

新潟・舞子温泉

画像引用:https://cp.jorudan.co.jp/coupon/spot/TRV10671/

舞子温泉ってどんな温泉地なの?

舞子温泉は、魚沼産コシヒカリの産地として有名な新潟県南魚沼市に位置する温泉で、宿泊施設は「舞子高原ホテル」「舞子高原ロッジ」がある温泉地です。

舞子温泉の歴史としては、
平成4年(1992)舞子スノーリゾートの敷地内に湧出した温泉で、夏には、ディスクゴルフやキャンプ、バーベキューなど、サマーアクティビティも充実しており、1年中楽しめる高原リゾートです。

新潟とあって、
美味しいお米と上質な酒が楽しめる温泉地としてグルメ旅行に選ぶ人も多いです。

舞子温泉へのアクセス情報としては以下の通りです。

車の場合【車】塩沢石打—宿(3分)
電車の場合【電車】東京駅(上越新幹線)—越後湯沢駅(80分)>【電車】越後湯沢駅—石打駅(7分)>【車】石打駅—宿(9分)

舞子温泉の泉質・効能ってどんなもの?

この投稿をInstagramで見る

舞子温泉◇舞子高原ホテル◇2016. 11 単純温泉 泉温39.8 ph8.1 大自然に囲まれたホテルです。 舞子スノーリゾートがあるので冬の時期はスキーのお客さんで賑わうようです⛄ 高原ホテル系には主に割と空いているグリーンシーズン、オフシーズンに行きます😁 お客さんも多いので大浴場も込み合う印象ですが頃合いを狙えば(笑)写メも撮れちゃう程誰〜もいなく、のびのび浸かれました!循環濾過されているのが😅ですが露天のジャグジーが気持ち良かったです(о´∀`о) *温泉♨️新規開拓の為、過去を振り返っての投稿です* #舞子高原ホテル #舞子温泉 #新潟県 #温泉 #温泉最高 #温泉大好き

hiromi(@hiro_rin47)がシェアした投稿 –

舞子温泉の泉質としては、弱アルカリ性単純温泉で、肌触りの優しい湯で、温泉効能としては胃腸病や神経痛リューマチ、婦人病に効果があるとされています。

お風呂は露天風呂がオープンジャクジー、広い大浴場にはサウナも付いていて、リゾートにきたような気持ちになれる温泉地と言えそうです。

泉質単純温泉
効能神経痛、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、疲労、ねんざ、打撲

舞子温泉のおすすめ日帰り温泉旅館・施設紹介!

それでは早速舞子温泉のおすすめ日帰り温泉施設をご紹介します!

舞子スノーリゾート 日帰りスキーセンター4F スパ舞子温泉〜舞子温泉のおすすめ日帰り旅館〜

ゴンドラ乗り場に直結していてゲレンデが眺められる温泉施設で、
サウナやジャグジー、リラクゼーションルームなども完備していて、サンルーム風の大きな窓からはゲレンデが眺められるのが特徴です。

住所新潟県南魚沼市舞子1819-79
電話番号025-783-4100
営業時間日中営業 
[土日祝]14:00~19:00 [平日]14:30~18:30
深夜営業
[土曜]14:00~翌8:00 [日~金曜]23:45~翌8:00
受付は営業終了30分前まで
定休日
日帰り入浴料金大人:900円/中高生・55歳以上:800円/小学生700円
泉質単純温泉(低張性弱アルカリ温泉)
効能神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、冷え性、病後回復期、 疲労回復、健康増進など
公式HPhttps://www.maiko-resort.com/winter/spa.html

湯元共同浴場 山の湯〜舞子温泉のおすすめ日帰り旅館〜

山の湯は硫黄泉の源泉かけ流し100%の温泉で、
湯舟にドクドクと湧き出続ける硫黄泉はまさに極上体験。
越後湯沢駅から徒歩20分と、少し歩かないといけないのが多少の難点ですが、それを上回るだけの素晴らしい温泉が待っています。

住所〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢930
電話番号025-784-2246
営業時間6:00~21:00(最終受付20:30)
定休日火曜日定休
(祝日・年末年始・お盆期間は後日振替)
日帰り入浴料金大人500円、こども250円(4歳以上小学生以下)
泉質単純硫黄温泉
効能神経痛、筋肉痛、冷え性、慢性消化器病
公式HPhttps://niigata-kankou.or.jp/spot/11413

下湯沢共同浴場 駒子の湯〜舞子温泉のおすすめ日帰り旅館〜

下湯沢共同浴場 駒子の湯は、新潟県湯沢町の公営の共同浴場で、
小説「雪国」の駒子にちなんで名前が付けられた風情のある温泉は15人ほど入れる湯船と仕切りがついた洗い場がある人気の浴場です。
館内には「雪国」展示コーナーもあり、ちいさいながら休憩用の広間もあります。

住所新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢148
電話番号025-785-7660
営業時間10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日木曜日(祝日・年末年始・お盆期間は後日振り替え)
日帰り入浴料金・大人500円
・こども250円
・売りタオル200円
・貸しバスタオル200円
泉質ナトリウム・カルシウム塩化物温泉
効能筋肉痛、神経痛、五十肩、うちみ、くじき、消化器病など
公式HPhttps://niigata-kankou.or.jp/spot/11409

石打ユングパルナス〜舞子温泉のおすすめ日帰り旅館〜

石打丸山スキー場に隣接する温泉で、天然温泉の大浴場と露天風呂。特に女性に人気の塩サウナ・薬草風呂やファミリー・カップルに好評な露天風呂付和室など施設も充実しています。

住所〒949-6372 新潟県南魚沼市石打字土堂946
電話番号025-783-7888
営業時間<夏期>朝5時30分~夜11時 <冬期>24時間営業
(注) 朝8時~10時は清掃時間の為、ご利用できません。
定休日
日帰り入浴料金大人900円 小学生300円 貸タオル200円 館内着200円
泉質ナトリウム塩化物温泉 弱アルカリ性低張性高温泉(加水・加温・循環ろ過)
効能きりきず、末梢循環障害、冷え症 ほか
公式HPhttp://www.yungparunas.com/

SPAガーラの湯〜舞子温泉のおすすめ日帰り旅館〜

駅を出ればそこはもうゲレンデ!というロケーションから人気のガーラ湯沢には、スキーハウスに直結した入浴施設「SPAガーラの湯」が併設されていて、入浴施設、サウナに加えて露天ジャグジーや子供用プールなどもありファミリーにも好評な温泉施設です。
ゆったり楽しめる大浴場に加え露天のジャグジースペースに、子供と一緒に入れるプールもあります。

住所〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢
電話番号025-785-6543
営業時間11:00~19:00(4月~5月下旬は~18:00)
定休日
日帰り入浴料金大人1300円、小人800円
入浴料(夏期)=大人1100円、小人600円
泉質弱アルカリ性単純泉
効能神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、健康増進
公式HPhttps://gala.co.jp/winter/facilities/

舞子温泉に行ったら合わせて行きたい観光スポット!

それでは早速舞子温泉に行ったら合わせて訪問したい観光スポットをご紹介します!

舞子スノーリゾート〜舞子温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

舞子スノーリゾートは、新潟県南魚沼市舞子に位置する上越沿線のスキー場で、
塩沢石打インターチェンジからわずか1分、好アクセスとビッグゲレンデが魅力のスキー場です。
個性ある3つのエリア、相互連絡コースがあるので移動もスムーズ、6人乗りのゴンドラも魅力です。

住所〒949-6423 新潟県南魚沼市舞子2056−108
電話番号025-783-4100
営業時間●営業時間:8時30分~20時(平日)、8時~20時(土日祝)
【ナイター】
●営業期間:2019年12月28日(土曜日)~2020年3月14日(土曜日)
●営業時間:16時~20時
定休日
料金【リフト】
●1dayパス:大人5,000円、55歳以上・中高生4,500円、小学生3,000円
※未就学児は、保護者同伴で無料。

【レンタル】
●スキーセット:大人4,300円、55才・中学生3,800円、小学生2,500円
●スノボセット:大人4,300円、55才・中学生3,800円、小学生2,500円

【スクール】
●スクール:2時間4,100円~
アクセス・JR上越新幹線「越後湯沢駅」東口広域観光駐車場より無料シャトルバスで20分
・関越自動車道「塩沢石打IC」より車で1分
公式HPhttps://www.maiko-resort.com/

道の駅 南魚沼「雪あかり」〜舞子温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

道の駅南魚沼は、新潟県南魚沼市の塩沢I.C近くに位置し、食事・観光・買い物・遊びを楽しめる観光交流施設です。
農家直売の新鮮野菜、本場・魚沼産コシヒカリや特産品が一堂に集まった「四季味わい館」。釡戸で炊いた日本一の南魚沼産コシヒカリを地元食材とともに味わう「ちゃわんめし たっぽ家」、今泉記念館2階には、棟方志功や海外の美術作品が展示される「アートステーション」、その1階には、市内の観光情報を雪国の資料とともに案内する南魚沼市観光協会と眺望を活かした休憩スペースがあります。

住所〒949-6363 新潟県南魚沼市下一日市855
電話番号 025-783-4500
営業時間5月~11月 9時~18時
12月~4月 10時~17時
定休日元旦を除き年中無休
料金
アクセス石打駅から車で5分、塩沢石打ICから車で5分
公式HPhttp://www.city.minamiuonuma.niigata.jp/kanko/kanko_museum/eat/1455872578758.html

石打丸山スキー場〜舞子温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

石打丸山スキー場は、新潟県南魚沼市石打にあるスキー場で、
斜面変化が絶妙で、いろんな個性のコースをつないでのロングダウンヒルも、一枚バーンをとことん攻めるのも、地形で遊ぶのも楽しめ、その上パークやパイプも充実してます。

住所〒949-6372 新潟県南魚沼市石打1655
電話番号025-783-2222
営業時間8時30分~17時

【ナイター】
●営業期間:2018年12月28日(金曜日)~2019年3月16日(土曜日)
●営業時間:16時~20時30分
定休日
料金【リフト】
●1日券:大人4,900円、ジュニア3,400円、シニア4,200円
●ナイター券:2,200円
※年齢区分:大人は中学生以上、ジュニアは小学生以下、シニアは60歳以上
【レンタル】
●スキーセット:大人2,500円~、ジュニア2,000円~
●ボードセット:大人2,500円~、ジュニア2,500円~
【スクール】
●半日:3,300円~
●1日:5,500円~
アクセス・JR上越新幹線「越後湯沢駅」よりバスで10分
・関越自動車道「塩沢石打IC」より車で5分
公式HPhttp://ishiuchi.or.jp/

ドッグフィールドMAIKO〜舞子温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

ワンちゃんと飼い主さんのための総合施設で、3000坪の広い敷地にドッグランが存在し、ドッグランの中はウッドチップ、もみがら、芝生が敷き詰められ、転んでも安心です。
約3000坪のドッグラン!一緒にのんびりドッグカフェ!ドッグホテル併設のロッヂB&Wなど充実のわんちゃんのための施設です。

住所〒949-6423 新潟県南魚沼市舞子2056−7
電話番号025-783-2779
営業時間09時00分 ~ 18時00分(日没まで)
定休日月曜日
冬季間(12月20~3月31日)は定休日はございません。
料金
アクセス関越自動車道塩沢・石打ICから舞子高原ホテル方面へ。
坂道途中左側にある”dinner&cafeレトロ”を右折。
フォレストヒルズ石打横の黄色い建物。
公式HPhttp://dog-run.jp/

岩原スキー場〜舞子温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

画像引用:https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0298s.htm

「岩原スキー場」は初めての方でも安心のワイドバーンは大人から子どもまで家族みんなでお楽しみいただけるスキー場となっています。
ワイド&ロングな20コースを擁する岩原。ここの名物コースといえば、横幅が200mもあるメインバーン、開放的で見通しの良いフラットバーンに思いのままにシュプールを描くのは気分爽快です。

住所新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽731-79
電話番号025-787-3211
営業時間ウィンターシーズン
8:00〜17:00(ナイター17:00〜19:00)
※土曜日のナイターは21:00まで。
※リフトによって時間が異なる場合もあります。また、天候によっても営業時間が前後する場合がありますので、必ず公式HPをご確認ください。
定休日
料金■リフト券(小学生)
●ロング1日券 ¥2,500
●ナイター券 ¥1,000

■リフト券(3歳〜未就学児)
●1日券 ¥1,000
●ナイター券 ¥1,000

■キッズパラダイス(3歳以上は入場券が必要)
●キッズパラダイス入場券A ¥500 
●キッズパラダイス入場券B ¥700(第1ペアパラレルリフト上り乗車1回券付(下り乗車無料))

※中学生以上は大人と同一料金です。
※シーズン中でも料金が変更される場合があります。
アクセス・車でのアクセス
関越道・湯沢ICから国道17号をスキー場方面へ3km
・シャトルバス
無料(JR越後湯沢駅東口からスキー場まで)
公式HPhttps://www.iwa-ppara.com/

舞子温泉に実際に訪問した方の感想をご紹介!

住所新潟県南魚沼市舞子
電話番号
公式HP

関連記事

  1. 長野・高峰温泉

    【長野・高峰温泉】満点の星空!標高2,000m天空露天風呂が人気

  2. 新潟県栃尾又温泉

    【新潟・栃尾又温泉】「子宝の湯」として有名!全国有数のラジウム泉

  3. 新潟・角神温泉

    【新潟・角神温泉】敷地面積12万㎡の総合リゾート?!江戸時代からの古湯

  4. 新潟・貝掛温泉

    【新潟・貝掛温泉】「日本三大目の湯」!「目に効く」江戸時代からの古湯

  5. 静岡土肥温泉

    【静岡・土肥温泉】600万リットルの豊富な湯量!西伊豆最古の温泉

  6. 長野・湯田中温泉

    【長野・湯田中温泉】1350年の歴史、小林一茶も愛した温泉地

  7. 長野県春日温泉

    【現地レポ】国民宿舎 もちづき荘(長野・春日温泉)に入浴して「美人肌」になって来た

  8. 新潟・弥彦温泉

    【新潟・弥彦温泉】国民保養温泉地に指定!豊富な泉質が特徴

  9. 新潟・笹倉温泉

    【新潟・笹倉温泉】開湯300年以上!入浴すれば肌はすべすべ「美人の湯」

  10. 【現地レポ】石和・春日居温泉は都心からアクセス良好の最高な温泉地だった

  11. 長野県渋温泉

    【長野・渋温泉】1300年の歴史!豊富な泉質と源泉掛け流しの古湯

  12. 石川県山中温泉

    【石川・山中温泉】1300年の歴史!松尾芭蕉も訪れた「扶桑の三名湯」

  13. 富山・小川温泉

    【富山・小川温泉】400年歴史持つグルメ宝庫温泉地!「炭酸水素塩泉」で身体ホカホカ

  14. 石川県山代温泉

    【石川・山代温泉】1300年の歴史!北陸随一の湯の街

  15. 下呂温泉

    【岐阜・下呂温泉】入れば肌はツルツル・スベスベ日本三名泉「美人の湯」