【おすすめ9選!】土湯温泉(福島)日帰り温泉まとめてみた

福島県土湯温泉

画像引用:http://www.tcy.jp/welcome/images/img_spa.jpg

土湯温泉ってどんな温泉地なの?

土湯温泉(つちゆ おんせん)は、
福島県福島市土湯温泉町にあり、福島県の吾妻山と安達太良山から流れる荒川の渓流沿いに湧く福島市西部の温泉地です。

福島駅より約16㎞離れており、
荒川の上流沿いに旅館やホテルが立ち並び、共同浴場や足湯があって温泉街を形成しています。

土湯温泉の歴史は古く、1400年以上の歴史があるとされ、
2000メートル級の峰々に囲まれた静かな温泉地。

土湯温泉の名前の由来は、
大穴貴命(おおあなむちのみこと)という人物が
荒川のほとりを鉾で突くとそこから温泉が湧きでたことから「突き湯」と言う名がつけられ、その後に「突き湯」が転じて「土湯」となったといわれています。
(実は土湯温泉にはもう1つ名前の由来があり、病に倒れた聖徳太子の父、用明天皇の回復祈願と仏教布教のために遣わされた秦河勝(はたのかわかつ)という人物が半身不随の病におかされ、病におかされていたところ、ある夜、聖徳太子が夢に現れ「岩代国の突き湯に霊湯あり。そこで湯治せよ。」と説いたことから「突き湯」の名が広まり、やがて「土湯」と呼ばれるようになったという伝説もあります。)

土湯温泉へのアクセス情報としては以下の通りです。

車の場合福島西ICから車で15分(国道115号線)
バスの場合福島駅からバスで45分

温泉街には4箇所の足湯があり、
街の中心を流れる荒川沿いにある「かじかの湯」では高さ1.8mの巨大なこけしが浴槽の中心にたち、フォトスポットとしても人気です。

鳴子と並び、「三大こけし発祥地」の1つに数えられており、
街のいたるところに可愛らしいこけしに出会うことができます。

土湯温泉の泉質・効能ってどんなもの?

View this post on Instagram

福島土湯温泉『赤湯温泉好山荘』日本秘湯を守る会 源泉掛け流し100%♨️ GWのとき。 横向温泉→幕川温泉ときたら〆は赤湯温泉♨️(笑) 2つの源泉から白と赤の縁起の良い温泉( =^ω^) 内湯はまさに土色?泥湯?(笑)めちゃくちゃ鉄泉‼️ 男性内湯からドアを開けると小さめの露天もあるじゃないか!(笑)めっちゃ最高♨️体の芯からポカポカ温まる感が最高でした。大好きな鉄の香り~✌️ 問題はもう1つの硫黄泉♨️(笑) 駐車場に手書きで『ゆ』の看板文字‼️(笑) わかりやすいな~でもどこで着替えるんだろう? まさか!あのブルーのタンクの中か!(笑) 恐る恐る着替えていると女性客がこっちを覗いてる~😢⤵️⤵️👀(笑)丸見えじゃないかー↘️💧(笑) 大好きな硫黄泉の濁り湯だったけどめちゃくちゃあつ湯‼️↘️💧あつ湯が苦手な自分には絶対に無理なレベル↘️断念しました(笑) それでも日本秘湯を守る会、源泉掛け流し。 お湯のレベルは最高でした。ありがとう❤️ #土湯温泉 #赤湯温泉好山荘 #赤湯温泉 #好山荘 #あつ湯 #ぬる湯 #温湯 #硫黄泉 #鉄泉 #日本秘湯を守る会 #源泉掛け流し100% #濁り湯 #独泉 #内湯 #露天風呂 #秘境 #秘湯 #福島の秘湯 #福島の秘境

A post shared by BOSS (@masa7660) on

土湯温泉の泉質は単純温泉、炭酸水素塩泉、硫黄泉、鉄泉など10種類と非常に豊富で、温泉地から2キロほど離れた共同源泉から約65℃のお湯が毎分1,500リットルも湧出しているという豊富な湧出量が特徴です。
そこに吾妻山系の湧き水を加えて各宿泊施設に供給しています。

無色透明で小さな湯の花がふんわりと浮かぶ単純温泉のほかに、前述の通り炭酸水素塩泉も湧いており、最近では源泉周辺の温泉熱を利用した地熱発電にも取り組んでいます。

土湯温泉にある宿泊施設によっては泉質の異なる二つのお風呂を用意しているところもありますし、源泉掛け流しの温泉もあります。

1つの温泉地で様々な泉質の温泉を楽しめるのは、温泉好きとしては嬉しい限りですね!

泉質単純温泉・炭酸水素塩泉・硫黄泉
効能(単純塩泉)自律神経不安定症、不眠症、うつ状態、

(炭酸水素塩泉)きりきず、末梢循環障害、冷え性、皮膚乾燥症

(硫黄泉)アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、表皮化膿症 

(共通)筋肉、関節の慢性的痛み、こわばり、軽い喘息・肺気腫、痔の痛み、運動麻痺による筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下、軽症高血圧、ストレスによる諸症状、耐糖能異常、軽い高コレステロール血症、病後回復期、疲労回復、健康増進

土湯温泉のおすすめ日帰り温泉をご紹介!

さあーて、土湯温泉のおすすめ日帰り温泉施設や旅館をご紹介していきます!

土湯温泉の日帰り温泉は13ヶ所の旅館と2ヶ所の公衆浴場(うち1ヶ所は平成30年3月リニューアルオープン)で楽しむことが出来ます。

前述の通り、温泉施設によっては泉質が異なるため、色々な泉質を楽しむことができるのが特徴です。

1.YUMORI ONSEN HOSTEL by SANSUISO〜土湯温泉日帰り温泉①〜

画像引用:https://yumori-hostel.jp/onsen/

YUMORIの温泉は、土湯温泉の源泉を使用しており、
開湯から1400年以上経つ今でも60℃という高温のお湯に、土湯温泉の大自然の湧水を加水して、適度な温度で提供しております。
泉質はアルカリ性の特徴があり、神経痛や皮膚病、さらには美肌の湯として女性の方に人気の温泉施設です。

住所〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町堂ノ上7−1
電話番号024-595-2170
営業時間11:00〜19:00
定休日
日帰り料金大人(1回)/700円 700JPY / FOR 1 ADULT
小人(1回)/500円 500JPY / FOR 1 CHILD
泉質単純温泉
効能高血圧症、動脈硬化症、リウマチ、神経痛、皮膚病、婦人病、冷え性など
公式HPhttps://yumori-hostel.jp/

2.向瀧旅館〜土湯温泉日帰り温泉②〜

画像引用:http://www.mukaitaki.co.jp/onsen.html

吾妻小富士の大自然と日本一の清流「荒川」を眺めながら楽しむことのできる温泉。
向瀧旅館の温泉は弱アルカリ性の優しい泉質のお湯なので、
赤ちゃんやお肌の弱い方でも安心してご入浴ができます。

住所〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町字杉の下63
電話番号TEL 024-595-2121(代)/ FAX 024-595-2436
営業時間12時~17時まで(最終入場 16時)
定休日
日帰り料金大人お一人様 700円(諸税込)
小人お一人様 無料

フェイスタオル:200円税込、レンタルバスタオル:200円税込
泉質単純温泉
効能神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え性・疲労回復・健康増進・高血圧・痔疾・病後回復期など
公式HPhttp://www.mukaitaki.co.jp/

3.旅館ニュー扇屋〜土湯温泉日帰り温泉③〜

画像引用:https://www.newougiya.com/spa/index.html

敷地内から湧く良質の自家源泉と8つの湯巡りが愉しめるお宿。
地下13メートルから湧く68度の炭酸水素塩泉の源泉は、建物の床下に存する実に珍しい温泉としては専門家からも話題とか?
メタケイ酸が豊富で保湿成分の高い、美肌の湯です。

住所〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町下ノ町18
電話番号0120-86-2014
営業時間14:00~17:00(閉館18:30)
定休日無休
日帰り料金大人700円、小学生500円、幼児400円/貸切風呂(2名より、要予約)=2700円(45分)/
泉質単純泉 炭酸水素塩泉
(※ 当館の温泉は単純泉と炭酸水素塩泉の混合泉です。)
効能神経痛、筋肉痛、五十肩、冷え性、うちみ、切り傷、火傷、皮膚病、アトピー性皮膚炎、婦人病、リウマチ等
公式HPhttps://www.newougiya.com/

4.山水荘〜土湯温泉日帰り温泉④〜

画像引用:http://www.sansuiso.jp/hotspring/

山水荘の温泉は、源泉より60℃の状態で毎分230Lという豊富な湯量を誇り、
その温泉に自然の湧水を加水し、入浴しやすい温度に調整している温泉施設です。深湯・浅湯・みはらしの湯・ぬる湯・桶風呂と、湯船は一階と二階に分かれており、様々な湯船を楽しむことができます。

住所〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町油畑55
電話番号024-595-2141
営業時間10:00~15:00(14:00受付終了)
定休日
日帰り料金大人:800円(税込)
子供(3才~12才):700円(税込)
泉質単純温泉
効能高血圧症、動脈硬化症、リウマチ、神経痛、皮膚病、婦人病、冷え性など。
公式HPhttp://www.sansuiso.jp/

5.野地温泉ホテル〜土湯温泉日帰り温泉⑤〜

画像引用:http://www.nojionsen.com/spa/

土湯温泉郷の野地温泉にある「野地温泉ホテル」。
源泉100%のお湯は乳白色でやわらかい肌触りが特徴の温泉施設です。
標高1200mから見る夜景は絶景です。

住所〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町野地1
電話番号0242-64-3031
営業時間受付開始:10時30分〜  受付終了:平日15時  土日祝14時  ※入浴は受付終了一時間後まで
※詳しくはお問い合わせ下さい。
定休日
日帰り料金大人800円
子供400円(4才から小学生まで)
泉質単純硫温泉(硫化水素型)
効能アトピー性皮膚炎、慢性湿疹、抹消循環障害など
公式HPhttp://www.nojionsen.com/

6.新野地温泉 相模屋旅館〜土湯温泉日帰り温泉⑥〜

相模屋旅館は源泉かけ流しの硫黄温泉。
慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症等に効果があるといわれております。
浴場は男女別木造内湯が各2カ所、野天風呂各1カ所あり、温度は天然の山水を加水し41℃~44℃に調整しています。

住所〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町野地2
電話番号0242-64-3624
営業時間10時~15時(受付14時まで)
定休日
日帰り料金大人800円
子供400円(3歳~小学生まで)
※おみやげタオル付き
※諸税込のお値段です。
泉質単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)
効能高血圧脳卒中、外傷骨折火傷、糖尿肥満、創傷、動脈硬化、胃腸病、神経痛、リュウマチ他
公式HPhttp://www.sagamiya.sakura.ne.jp/page01.html

7.土湯温泉 福うさぎ〜土湯温泉日帰り温泉⑦〜

画像引用:http://www.fuku-usagi.net/hot_spring.html

自家源泉の炭酸水素塩泉を使用した12種類のお風呂でのんびりゆったりできる温泉施設です。

住所〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町八郎畑3−1
電話番号024-595-2611
営業時間10時〜20時
定休日不定期
日帰り料金大人900円、子供500円
泉質炭酸水素塩泉
効能疲労回復、病後回復期、 神経痛、 慢性消化器病、 冷え性、 虚弱児童、 慢性婦人病、動脈硬化症
公式HPhttp://www.fuku-usagi.net/

8.奥つちゆ 秘湯 川上温泉〜土湯温泉日帰り温泉⑧〜

源泉は6ヶ所ありますが、混合泉(複数の源泉を一緒にすること)と加水冷却をしている温泉があります。
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身くじき、 慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進等に効用があります。

住所〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町川上7
電話番号024-595-2136
営業時間土~木9時~21時
(最終受付20時30分)
※金曜日は清掃のため15時~21時
定休日
日帰り料金大人700円(3時間)
子供(3才~小学生)300円
バスタオル(貸出)300円 タオル(買上)200円
泉質単純泉
効能神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身くじき、 慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進等
公式HPhttp://oko.jp/

9.奥土湯温泉峡 山峡のいで湯 小滝温泉〜土湯温泉日帰り温泉⑨〜

画像引用:http://kotaki.jp/spa.php

大浴場、内風呂、露天風呂、貸切展望露天風呂、客室露天風呂があり、全て天然温泉の掛け流し。複数の源泉を掛け合わせた土湯温泉、掛け流し。

住所〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町下隠台8
電話番号024-595-2020
営業時間12:00~17:00
定休日
日帰り料金大人700円:小学生500円
0歳~未就学児350円
泉質単純温泉 アルカリ単純泉
効能神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消火器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
公式HPhttp://kotaki.jp/

どの温泉施設も魅力的ですね!
何より泉質が施設によって異なるので、1つの温泉でたくさん楽しめます!

土湯温泉に行ったら合わせて行きたい観光スポット!

それでは早速土湯温泉に行ったら合わせて訪問したい観光スポットをご紹介します!

磐梯吾妻スカイライン〜土湯温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

高湯温泉と土湯峠を結ぶ、全長約29km、最高標高1,622mの観光道路で、紅葉の季節には紅色や黄金色に紅葉が楽しめる絶景の紅葉観賞ポイント。
日本の道百選にも選ばれ、春の“雪の回廊”から秋の紅葉まで、四季折々の大自然を目の当たりにでき、レストハウス、天文台、ビジターセンターなどもあります。

住所〒960-2157  福島県福島市高湯温泉~福島市土湯峠
電話番号電話 0242-64-2105(午前9時~午後4時)
営業時間
定休日11月中旬~翌4月中旬、通行期間中無休
料金◆浄土平駐車場利用料金のご案内◆
駐車場利用料金「施設利用・環境整備協力費(環境美化費)」(2017年度改定)
二輪車200円、乗用車500円、マイクロバス1,000円、大型バス2,000円
アクセス<車>
・東北自動車道 福島西I.C~浄土平(29km 約1時間)
・東北自動車道 福島飯坂I.C~浄土平(31km 約1時間)
・福島駅西口~浄土平(34.5km 約1時間)
公式HPhttps://www.f-kankou.jp/bandaiazuma-jododairadayori/

吾妻小富士〜土湯温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

吾妻小富士は、福島県福島市にある標高1,707mの山で、吾妻連峰の1つです。
溶岩砂がおおう噴火口跡で火口壁まで登れる磐梯吾妻観光のポイントです。

住所〒960-2157  福島県福島市土湯温泉町
電話番号TEL : (024)543-0986
営業時間
定休日冬 11月中旬~4月上旬
料金
アクセス鉄道:JR東北新幹線・東北本線福島駅から福島交通吾妻スカイライン定期バス浄土平下車
公式HPhttps://www.tif.ne.jp/jp/spot/spot_disp.php?id=3363

吾妻小富士一周路〜土湯温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

浄土平から山頂までわずか標高差100mで、ゆっくり登っても約15分程度で回れます。
山頂は、砂地で摺鉢型をした代表的なコニーデ型火山で、“お鉢回り”という火口一周コースはゆっくり歩いても約40分で回れ、雄大な展望が楽しめます。
砂礫の登山道は滑りやすいので注意してください。

住所〒960-2157  福島県福島市土湯温泉町
電話番号0242-64-2105(冬季:吾妻・浄土平自然情報センターTEL024-591-3600)
営業時間
定休日冬 11月中旬~4月上旬
料金
アクセス・福島駅からバスで90分
・福島西ICから車で35分
公式HPhttps://www.bes.or.jp/joudo/vc/sansaku/course2.htm

鎌沼〜土湯温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

磐梯朝日国立公園内にあり、蓬莱山、前大巓(まえだいてん)、姥ケ原、東吾妻に囲まれ、標高は1,770mにあり周囲約1km、形が鎌に似ていることからその名が付いたとされ、磐梯吾妻スカイラインの浄土平から一周約5.1km(所要時間2時間)の鎌沼自然探勝路があり、多くの高山植物を見ることができます。

住所〒960-2157  福島県福島市土湯温泉町
電話番号0242-64-2105(冬季:吾妻・浄土平自然情報センター☎024-591-3600)
営業時間
定休日冬 11月中旬~4月上旬
料金(駐車料金2017年度改定)
磐梯吾妻スカイライン通行料:無料
浄土平駐車場利用料金(環境美化費):二輪車200円、乗用車 500円、マイクロバス1,000円、大型バス2,000円
アクセス電車:JR福島駅下車→福島交通(磐梯吾妻スカイライン定期バス)→浄土平下車
※スカイライン定期バスは2019年8月現在運休中です。
車:福島西ICから50分(浄土平まで)
公式HPhttps://www.f-kankou.jp/kenkou-kamanuma/

浄土平〜土湯温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

標高約1600mに位置し、火山礫に覆われた荒々しい山肌をはじめ、沼や池塘を散りばめた湿原、高山植物のお花畑など、変化に富んだ風景が広がっています。
福島市内から車で約1時間のアクセスで、高山の自然を楽しむことができます。

住所〒960-2157  福島県福島市土湯温泉町鷲倉山
電話番号0242-64-2105
営業時間
定休日
料金
アクセス
公式HPhttps://www.env.go.jp/park/bandai/guide/joudodaira/

土湯温泉に実際に訪問したことのある方の感想をご紹介!

住所NPO法人土湯温泉観光まちづくり協議会
福島県福島市土湯温泉町字上ノ町1
電話番号TEL 024-595-2217 FAX 024-595-2016
公式HPhttp://www.tcy.jp/

関連記事

  1. 福島県湯岐温泉

    【福島・湯岐温泉】500年の歴史持つ秘湯!自噴岩風呂が有名

  2. 福島横向温泉

    【福島・横向温泉】鉄分含有量日本一の温泉!「奥州三名湯」の1つ

  3. 福島・会津芦ノ牧温泉

    【福島・会津芦ノ牧温泉】1200年の歴史もつ「子宝の湯」!会津若松市内からも好アクセス

  4. 福島県いわき湯本温泉

    【福島・いわき湯本温泉】日本三古泉の1つ!三つの泉質が楽しめる古泉

  5. 福島県野地温泉

    【福島・野地温泉】標高1200m高山温泉!明治時代からの「東北3大美湯」の1つ

  6. 福島県磐梯熱海温泉

    【福島・磐梯熱海温泉】「美人の湯」!福島随一の温泉地!

  7. 福島二岐温泉

    【福島・二岐温泉】1000年の歴史もつ秘湯!自噴泉が特徴

  8. 福島県木賊温泉

    【福島・木賊温泉】1,000年の歴史持つ「会津の隠れ湯」!ブルーの湯が特徴

  9. 福島県中丿沢温泉

    【福島・中ノ沢温泉】飲泉効果ある「胃腸の湯」!単独口湧出量日本一

  10. 福島・南三陸温泉

    【福島・南三陸温泉】「インフィニティ露天風呂」が名物!地下2000mの深層温泉

  11. 福島・甲子温泉

    【福島・甲子温泉】巨大「大岩風呂 (混浴)」が有名!効能豊かな子宝の湯

  12. 福島県会津東山温泉

    【福島・会津東山温泉】「奥羽三楽郷」の1つ!1300年の歴史をもつ古湯

  13. 福島微温湯温泉

    【福島・微温湯温泉】ぬるい温泉が特徴!標高930m山奥の秘湯一軒宿

  14. 福島県高湯温泉

    【福島・高湯温泉】ミルキーブルーの秘湯!奥州三高湯の1つ

  15. 福島県岳温泉

    【福島・岳温泉】珍しい天然湧泉「酸性泉」!メタケイ酸も豊富

  1. 静岡・三ケ日温泉

    【静岡・三ケ日温泉】「浜名湖うなぎ」が特産!アルカリ性単純温泉…

    2019.12.30

  2. 兵庫・大沢温泉

    【兵庫・大沢温泉】赤褐色の湯色が特徴!週末レジャーに最適な温泉地

    2019.12.30

  3. 愛知・内海温泉

    【愛知・内海温泉】1988年の開湯!「日本の渚百選」にも選出される…

    2019.12.30

  4. 三重・湯の山温泉

    【三重・湯の山温泉】名古屋から1時間でアクセス可!自然に抱かれた…

    2019.12.30

  5. 新潟・舞子温泉

    【新潟・舞子温泉】スキー場も豊富!米の美味しい南魚沼市の温泉地

    2019.12.30