【宮城・秋保温泉】古墳時代からの名湯!「日本三御湯」の1つ

1500年の歴史を持つ、宮城県随一の古湯、秋保温泉(あきうおんせん)

秋保温泉は欽明天皇が皮膚病を完治させたとの言い伝えから、
「名取の御湯」とも呼ばれます。

兵庫県の有馬温泉、愛媛県の道後温泉とともに「日本三名湯」の1つとも呼ばれます。
また、同じ宮城県の鳴子温泉福島県の飯坂温泉とともに奥州三名湯の1つとして数えられています。

「名取の御湯」は、「拾遺集」、「大和物語」などにも詠われており、伊達政宗公も秋保の湯を愛し、伊達家の入湯場として代々大切に守られてきました。
すごい歴史のある温泉なのですね・・・!

秋保温泉という名前の由来は、
公式HPによると、いくつか由来があるようです。

 ●平安時代にこの地を治めていた「藤原秋保」という人物にちなむという説。
 ●詩経あるいは易経にある「百寿ノ秋ヲ保ツ」という長寿を意味する言葉から来ているという説。
 ●秋保大滝は秋保の象徴であるが、アイヌ語では滝のことを「アボ」といいこれにちなむという説。
 ●秋の景色が特に優れているところからきたという説等。

秋保温泉へのアクセスとしては、
仙台駅や仙台空港からのアクセスが便利で、旅館やホテルでは仙台駅や仙台空港などから無料の送迎バスを運行していることも多いです。

秋保温泉の最寄り駅は在来線が「愛子(あやし)駅」、新幹線だと「仙台駅」になります。
東京方面からの場合は、新幹線で仙台駅経由が早くてアクセスしやすいです。

秋保温泉(あきうおんせん)の泉質・効能は?

秋保温泉の泉質は、硫酸塩泉,食塩泉で、温度は 24~60℃。

泉質は大きく3つ存在しており、

*塩化物泉

泉質塩化物泉
概要海水の成分に似た食塩を含み、入浴後も肌についた食塩が汗の蒸発を抑えてくれるため、湯冷めしにくく保温効果がある。高齢者、回復期の病人などに最適な湯。
効果関節痛・捻挫・冷え性・慢性婦人病など

*単純温泉

泉質単純温泉
概要無色透明、無味無臭の温泉。泉温が25℃であっても、含有成分がどれも規定量に達していない温泉の総称。刺激が少なく、効能も様々。「名湯」といわれる温泉が多い。
効果疲労回復・神経痛・動脈硬化・高血圧など

*硫酸塩泉

泉質硫酸塩泉
概要カルシウムを含む石膏泉、ナトリウムを含む芒硝泉、マグネシウムを含む正苦泉の3つに大別される。
効果石膏泉(リウマチ・切り傷・やけどなど)、芒硝泉(高血圧、動脈硬化、外傷など)、正苦泉(石膏泉と芒硝泉の効能)

秋保温泉のおすすめ日帰り温泉旅館・施設紹介!

それでは早速秋保温泉のおすすめ日帰り温泉施設をご紹介します!

ホテル瑞鳳〜秋保温泉のおすすめ日帰り旅館〜

秋保名所「磊々峡(らいらいきょう)」に徒歩15分と、自然に近い立地に位置するホテル瑞鳳。
ゆったりお寛ぎいただける広々した大浴場、サウナやジャグジーなど温泉施設も充実しており、露天風呂だけで6種類も用意されており、夜になるとライトアップされた庭園の眺めに、昼夜違った雰囲気の中でお風呂を楽しめます。

住所〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字 除26−1
電話番号022-397-1111
営業時間10:00~15:00(最終受付14:00)
定休日なし
日帰り入浴料金日帰り入浴のみ大人1,260円、子供(3歳~小学6年生)630円
日帰り昼食付きプラン2,800円~5,500円 ※食事付プランは前日17時までの要予約
泉質ナトリウムカルシウム塩化物泉
効能神経痛 / 筋肉痛 / 関節痛 / 五十肩 / 運動麻痺 / 関節のこわばり / うちみ / くじき / 慢性消化器病
痔疾 / 冷え性 / 病後回復期 / 疲労回復 / 健康増進 / 切傷 / 火傷 / 慢性皮膚病 / 虚弱児童 / 慢性婦人病
公式HPhttps://www.zuiho.jp/

ホテル華乃湯〜秋保温泉のおすすめ日帰り旅館〜

自噴する湯量豊富な自家源泉はその豊かな効能に「神の湯」と呼ばれています。
温泉ソムリエの湯守が愛してやまない湯の良さと自然に囲まれた露天風呂が自慢の温泉施設です。
趣の異なる4つの湯船の露天風呂と内湯は源泉かけ流しで提供しており、季節や時間帯で楽しめる温泉もまた変わります。

住所宮城県仙台市太白区秋保町湯元除33-1
電話番号022-397-3141
営業時間全日 10:30~15:00 (受付終了 14:00)
定休日なし
日帰り入浴料金中学生以上:900円 (税込)
3歳~小学6年生:600円 (税込)
泉質ナトリウム・カルシウム・塩化物泉
効能関節痛・切り傷・捻挫・冷え性・慢性婦人病など
公式HPhttps://www.hananoyu.com/

秋保グランドホテル〜秋保温泉のおすすめ日帰り旅館〜

秋保温泉 秋保グランドホテルは磊々峡(らいらいきょう)を眼下に望む唯一の宿。磊々峡の水音、木々のささやき、鳥のさえずり、自然の音に囲まれて入る露天風呂に入る贅沢は極上体験です。
2018年7月に本館大浴場がリニューアルオープンし、開放感溢れるインフィニティ風呂は、磊々峡の壮大な景観を眺めつつ至福の時間を過ごすことができます。

住所 〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元枇杷原12−2
電話番号022-397-3131
営業時間10:00~20:00(平日)10:00~15:00(土日祝)
定休日なし
日帰り入浴料金日帰り入浴のみ大人(平日)1,200円、3歳以上小学生以下600円
大人(土日祝)1,500円、3歳以上小学生以下750円 ※別途入湯税として大人1名70円 ※入浴10:00~15:00
泉質弱アルカリ塩類泉 / ナトリウム・カルシウム塩化物泉
効能関節痛 / 五十肩 / 神経痛 / 筋肉痛 / 運動麻痺 / 関節のこわばり / うちみ / くじき / 慢性消化器病 / 痔疾 / 冷え性 / 病後回復期 / 疲労回復 / 健康増進
公式HPhttps://www.akiugrand.com/

ホテルニュー水戸屋〜秋保温泉のおすすめ日帰り旅館〜

岩風呂から檜風呂、サウナまで9種の多種多様なお風呂が楽しめるという温泉施設の充実した宿。
3つの大浴場では自然の魅力を堪能できる岩風呂や、檜風呂、陶器風呂など、実に16もの湯巡りを楽しむことができ、日帰りでも利用できるプライベート貸切風呂がなんと3つも用意されているのも大きな特徴。

住所〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師102
電話番号022-398-2301
営業時間11:00~15:00
定休日なし
日帰り入浴料金日帰り入浴のみ大人1,080円、3歳以上小学生以下540円、2歳以下無料
日帰りプラン3,850円~6,010円
泉質ナトリウム-塩化物泉
効能神経痛・関節痛・五十肩・うちみ・慢性消化器病・冷え性・きりきず・やけど・慢性皮膚病・ 慢性婦人病など。また、風土と泉質が相まって、病後衰弱の療養にも効果があります。
公式HPhttps://www.mitoya-group.co.jp/

岩沼屋〜秋保温泉のおすすめ日帰り旅館〜

湯温を選べる大浴場と、源泉かけ流しの貸切風呂が自慢の宿。
大浴場は好みや体調によって選べる3種の温度をご用意。ぬるめはのぼせやすいお子様や、じっくり湯浴みを楽しみたい人にもおすすめです。
1500年の歴史ある名湯を心ゆくまで堪能できます。

住所〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師107
電話番号022-398-2011
営業時間11:00~15:00(原則毎週火曜と木曜は女性限定日)
定休日不定休
日帰り入浴料金日帰り入浴のみ大人1,270円 小人600円
泉質ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
低張性弱アルカリ性高温泉
効能神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、1くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
公式HPhttps://www.iwanumaya.co.jp/

秋保温泉に行ったら、特に訪れたい観光スポット「磊々 (らいらい) 峡」!

「磊々峡」!読み方が難しい!笑
読み方は「らいらいきょう」です。

「磊々峡」は奇岩が重なってる様から、その名前がつけられたとされる名勝で、
秋保温泉の入り口にかかる覗橋を中心に1㎞にわたり幻想的な奇岩が続く峡谷です。遊歩道も整備されていますので、間近に観賞することができます。

秋保温泉への入り口でもある「覗橋」にはハートの形をしたくぼみがありこれが1つの観光スポットになっています。
インスタ女子たちが好きそう!笑

ハートのくぼみにコインが入ると恋愛がうまくいくとか?!
これはぜひカップルや家族でチャレンジしたい
ですね!

その他に、秋保温泉に行ったら合わせて行きたい観光スポット!

それでは早速秋保温泉に行ったら合わせて訪問したい観光スポットをご紹介します!

秋保(あきう)大滝〜秋保温泉に来たら合わせて訪れたい観光地〜

幅6m、落差55mの直瀑で、華厳の滝(栃木県)、那智の滝(和歌山県)にならぶ日本三名瀑の1つで、日本の滝百選にも選ばれているほどの名瀑です。
野山の自然の中と、幅6m、落差55mの滝の光景はまさに絶景で、遊歩道を20分かけて下っていくと、だんだんと滝のながれる音が大きくなり溢れる臨場感を存分に体感できます。

住所982-0244
宮城県仙台市太白区秋保町馬場
電話番号なし(問合は秋保温泉郷観光案内所:022-398-2323)
営業時間見学自由
料金無料
定休日なし
アクセス宮城交通 JR仙台駅西口バスプール8番乗り場 秋保大滝行「秋保大滝」下車(土曜・休日のみ運行)
市営バス JR愛子駅2番乗り場 秋保温泉・二口方面線「秋保大滝」下車
公式HPhttp://www.sentabi.jp/guidebook/attractions/116/

二口峡谷(ふたくちきょうこく)〜秋保温泉に来たら合わせて訪れたい観光地〜

名取川源流付近にある「二口峡谷(ふたくちきょうこく)」は、高さ150m、距離にすると3kmの巨大な絶壁の岩「表磐司(おもてばんじ)」や「姉滝」(天然記念物)、「妹滝」など大自然が織りなす名所が点在する大きな峡谷で、約8㎞に渡って続く二口峡谷は、川のせせらぎを聞きながら森林浴を兼ねた散策に最適です。

住所982-0244
宮城県仙台市太白区秋保町湯馬場字本小屋
電話番号なし(問合せは秋保ビジターセンター:022-399-2324/火、12~3月は冬期休業)
営業時間見学自由
料金無料
定休日なし
アクセス市営バス JR愛子駅2番乗り場 二口行「二口」下車
公式HPhttps://www.sentabi.jp/guidebook/attractions/115/

秋保・里センター〜秋保温泉に来たら合わせて訪れたい観光地〜

画像引用:https://akiusato.jp/

秋保に着いたらまず訪れたいのが、観光案内の中心となっている『秋保・里センター』。館内には、秋保温泉郷観光案内所があり、秋保の観光情報を集められるほか、秋保を紹介するTVモニターも設置されていて、秋保を訪れる皆さんに秋保町の観光情報を提供しています。館内の秋保温泉郷観光案内所では、宿泊施設や観光スポット、グルメ情報などをご案内しています。

住所982-0241
宮城県仙台市太白区秋保町湯元字寺田原40-7
電話番号022-304-9151
営業時間9:00〜18:00(観光案内所は9:30〜18:00)
料金なし(レンタサイクルは保証金として1000円が必要、利用後に返却されます)
定休日なし(年2回保守点検日あり)
アクセス《バス》■仙台駅から〈宮城交通〉仙台駅前西口バスプール8番乗り場から秋保温泉方面行きで約50分。秋保・里センター下車。 〈タケヤ交通〉青葉通り63番乗り場から「秋保・川崎 仙台西部ライナー」で約40分。秋保・里センター下車。■愛子駅から〈仙台市営バス〉秋保温泉方面行きで約15分。秋保・里センター下車。
《車》・仙台駅から約30分・東北自動車道・仙台南ICから約15分
公式HPhttps://akiusato.jp/

仙台万華鏡美術館〜秋保温泉に来たら合わせて訪れたい観光地〜

筒を回転させながら覗き込むと無限の世界が広がる万華鏡の魅力を多くの人に伝えるため、1999年世界初の万華鏡美術館としてオープンした施設です。
世界の珍しい万華鏡や、大型の機械仕掛けのものまで、いろいろな万華鏡を楽しむことができます。

住所982-0251
宮城県仙台市太白区茂庭字松場1-2
電話番号022-304-8080
営業時間9:30〜17:00(最終入館〜16:30)
料金おとな・大学生900円、高校生以下450円、70歳以上450円
定休日なし(冬期臨時休業の場合あり、HPにて要確認)
アクセス国道286号線、または48号線から秋保温泉方面に入ってください。秋保街道沿い、温泉郷入口近くにある、赤い屋根にクリーム色の建物が仙台万華鏡美術館です。
公式HPhttp://www.iyashisekai.com/sendai/index.html

秋保温泉に実際に行った方の感想をいくつかご紹介!

https://www.instagram.com/p/BvlRMogDeDl/
温泉効能神経痛、リウマチ、腰痛、肝臓病、皮膚病など
入浴料温泉の場所次第
営業時間 温泉の場所次第
ホームページ秋保温泉公式サイト
http://www.akiuonsenkumiai.com/index.html

関連記事

  1. 宮城県鳴子温泉郷

    【宮城・鳴子温泉郷】9つの泉質?!「奥州三名湯」の1つ

  2. 宮城・中山平温泉

    【宮城・中山平温泉】5種類の泉質が楽しめる!化粧水のような「美人の湯」

  3. 宮城県作並温泉

    【宮城・作並温泉】仙台市街地から40分!「仙台の奥座敷」

  4. 福島県飯坂温泉

    【福島・飯坂温泉】「奥州三名湯」の1つ!日本最古の木造建築共同浴場も

  5. 宮城県鬼首温泉

    【宮城・鬼首温泉】間欠泉が圧巻!紅葉の名所としても有名

  6. 宮城県遠刈田温泉

    【宮城・遠刈田温泉】開湯400年!古くから足腰の病に効く湯治場

  7. 宮城・青根温泉

    【宮城・青根温泉】「うなぎとかにの伝説」で有名!伊達政宗も愛した東北の名湯

  8. 宮城・鎌先温泉

    【宮城・鎌先温泉】「傷は鎌先」!傷や火傷に効く奥羽の薬湯

  9. 宮城・峩々温泉

    【宮城・峩々温泉】「日本三大胃腸病の名湯」!独特の湯治方法あり

  1. 静岡・三ケ日温泉

    【静岡・三ケ日温泉】「浜名湖うなぎ」が特産!アルカリ性単純温泉…

    2019.12.30

  2. 兵庫・大沢温泉

    【兵庫・大沢温泉】赤褐色の湯色が特徴!週末レジャーに最適な温泉地

    2019.12.30

  3. 愛知・内海温泉

    【愛知・内海温泉】1988年の開湯!「日本の渚百選」にも選出される…

    2019.12.30

  4. 三重・湯の山温泉

    【三重・湯の山温泉】名古屋から1時間でアクセス可!自然に抱かれた…

    2019.12.30

  5. 新潟・舞子温泉

    【新潟・舞子温泉】スキー場も豊富!米の美味しい南魚沼市の温泉地

    2019.12.30