【山形・小野川温泉】ホタル舞う温泉地!小野小町に由来する「美人の湯」

山形・小野川温泉

画像引用:https://tabijikan.jp/onogawa-onsen-day-trip-spa-39903/

小野川温泉ってどんな温泉地なの?

小野川温泉(おのがわおんせん)は、
山形県米沢市小野川町にある温泉で、地元民以外には知られていない温泉地でしたが、ホタルの里であり、また小野小町に由来するとされている「美人の湯」を核に温泉地として盛り上げていこうとしている温泉地です。

具体的に小野小町伝説とは、
開湯は、836年(承和3年)で、その時に、小野小町が父を探し京都から東北に向かった途中で病に倒れ、この地の温泉につかって病を癒したという伝説となります。

また、歴史的に見れば、
山形県の米沢を拠点として活躍していた武士である、伊達政宗がこよなく愛した温泉地ともされている温泉地が、ここ小野川温泉です。

後ほどご紹介しますが、
小野川温泉といえば「ホタル」が有名で、6月中旬から7月中旬にホタルが飛び交う様子を見ることができます。

小野川温泉へのアクセス情報としては以下の通りです。

車の場合東北中央自動車道 米沢中央ICより、米沢市役所経由 25分(10.5Km)
電車の場合東京駅から山形新幹線で米沢駅まで約2時間10分。
米沢駅から車で20分(山交バス「小野川温泉行き」で約25分、小野川温泉下車)。

小野川温泉の泉質・効能ってどんなもの?

小野川温泉の泉質としては、
「含硫黄ナトリウム カルシウム塩化物泉含ラジウム」でPH6.9の中性で、刺激の少ないお肌にやさしい温泉です。

いわゆる「美人の湯」に含有されている、「メタケイ酸」を多く含み、
飲泉可能な温泉となるので、浴用と飲用の相乗効果が期待できる温泉となります。

泉質含硫黄ナトリウム カルシウム塩化物泉含ラジウム
効能リウマチ、肥満、月経障害、慢性婦人病、アトピーなど

小野川温泉のおすすめ日帰り温泉旅館・施設紹介!

それでは早速小野川温泉のおすすめ日帰り温泉施設をご紹介します!

小野川温泉 河鹿荘〜小野川温泉のおすすめ日帰り旅館〜

山形米沢の小野川温泉の一番奥に位置する河鹿荘は、
日本三大和牛の米沢牛と選べるお食事が人気で、源泉掛け流しの温泉は、露天風呂や大浴場が24時間入浴可と言うのも大きなポイント。
円形の内風呂と屋根付きの露天風呂や、開放的な高い天井と、一面のガラス窓から四季の風景が眺められる大浴場は温度の違う「あつ湯」と「ぬる湯」を楽しむことができます。

住所山形県米沢市小野川町2070
電話番号0238-32-2221
営業時間10:00〜22:00
定休日
日帰り入浴料金大人500円 小人250円
泉質含硫黄(ナトリウム・カルシウム)食化物泉
効能神経痛、美肌、皮膚病、婦人病、やけどなど
公式HPhttp://www.kajikaso.com/

湯杜匠味庵山川〜小野川温泉のおすすめ日帰り旅館〜

山川屋旅館創業から、2012年に生まれ変わった「湯杜 匠味庵 山川」は創業百年以上の老舗旅館。
硫黄・メタケイ酸・炭酸水素イオン・硫酸イオンの名湯は、お肌に滑らかなハリ・潤いを与え、美肌が期待できます。

住所山形県米沢市小野川町2436
電話番号0238-32-2811
営業時間15:00〜18:00
定休日
日帰り入浴料金大人500円 小人250円
泉質硫黄泉・塩泉・ナトリウム・カルシウム塩化物泉
効能神経痛 皮膚病 婦人病
公式HPhttps://syomian-yamakawa.com/

鈴の宿 登府屋旅館〜小野川温泉のおすすめ日帰り旅館〜

画像引用:https://tofuya.jp/spa/

山形県米沢市にある小野川温泉 鈴の宿 登府屋旅館は、
源泉かけ流しの温泉と米沢牛を楽しめる宿で、内風呂が男女各1つ、露天風呂が男女各1つあります。
浴室用車いすなどバリアフリーにも配慮されているため、体の不自由な方でも楽しめる温泉施設です。

住所山形県米沢市小野川町2493
電話番号0238-32-2611
営業時間15:00〜18:00
定休日
日帰り入浴料金500円
泉質塩化物泉 硫黄泉 ラジウム泉
効能関節痛、五十肩、糖尿病、神経痛、冷え症、筋肉痛、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど、虚弱児童、病後回復期、疲労回復、健康増進、ストレス解消など
公式HPhttps://tofuya.jp/

小野川温泉 やな川屋旅館〜小野川温泉のおすすめ日帰り旅館〜

ラジウム含有量は、日本に湧く高温の温泉の中ではトップクラスの泉質。
源泉100%かけ流しの天然温泉で、新大浴場「斧川の湯」では蔵造りの中のゆったりした浴槽を楽しめ、展望露天風呂(5F)は天気が良ければ西吾妻山が見える屋上露天風呂で、夜は星・冬は雪景色の眺めが最高です。

住所山形県米沢市小野川町2486
電話番号0238-32-2211
営業時間9:00〜20:00
定休日
日帰り入浴料金400円
泉質ナトリウム・カルシウム塩化物泉 / 含イオウナトリウム塩化物泉 / ラジウム温泉
効能切り傷 / リュウマチ / 婦人病 / 慢性皮膚病 / 神経痛 / 胃腸病 / 温熱効果 / 美肌効果など
公式HPhttp://www.yanagawaya.com/

小野川温泉 吾妻荘〜小野川温泉のおすすめ日帰り旅館〜

天然温泉掛け流しで、疲れにすっと効き、お肌もツルツルになる自慢の温泉です。
源泉かけ流しの温泉は湯量が豊富で一日に6回転し、4時間ごとに新しい湯に入れかわります。泉質は硫化水素弱食塩泉でラジウムも含有し、体の芯から温まりまると言う特徴があります。

住所山形県米沢市小野川町2471
電話番号0238-32-2311
営業時間12:00〜16:00
定休日土日
日帰り入浴料金500円
泉質ナトリウム・カルシウム塩化物泉/有硫化水素泉/含ラジウム塩泉
効能関節痛/神経痛/アトピー・湿疹/慢性消化器病/婦人病/肩こり/疲労回復
公式HPhttp://azumasou.com/

小野川温泉に行ったら合わせて行きたい観光スポット!

それでは早速小野川温泉に行ったら合わせて訪問したい観光スポットをご紹介します!

小野川温泉街ほたる公園〜小野川温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

小野川温泉ではゲンジボタル・ヘイケボタル・ヒメボタルと3種類の蛍を一緒に見ることができ、温泉街からすぐの場所で3種類の蛍を同時に見られるのは全国的にも貴重です。
毎年6月中旬から飛び始め、発生時期が異なることから7月中旬までの約1ヶ月程度の短い期間に自然の営みを目の当たりにできます。
見頃は7月の上旬となります。

住所〒992-0076  山形県米沢市小野川町
電話番号0238-32-2740(小野川温泉旅館組合)
営業時間6月中旬~7月中旬
夜8時~9時頃が見頃です。なお、雨天時は蛍が飛ばないこともあります。
定休日
料金無料
アクセス山形新幹線・JR奥羽本線米沢駅から車で25分
東北中央道・米沢南陽道路米沢北ICから20分
公式HPhttp://www.onogawa.jp/page6/page6.html

甲子大黒天本山〜小野川温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

甲子大黒天本山は、弘法大師作の甲子大黒天を祭る日本唯一の本山で、
米沢のパワースポットの1つです。
参拝だけではなく腕念珠づくりや写経の体験もでき、腕念珠づくり体験では誕生石やご利益などから好みの天然石を自由に選び作ることができます。

住所〒992-0076  山形県米沢市小野川町2580 
電話番号0238-32-2929
営業時間9時から17時
定休日無休
料金腕念珠づくり体験 お一人様2,000円
写経体験 お一人様1,000円
個人祈祷 3,000円~
団体旗等 1,000円~
アクセスJR米沢駅より 車・路線バスにて約25分
小野川温泉より徒歩5分
公式HPhttps://kinoenedaikokuten.hateblo.jp/

小野川温泉スキー場〜小野川温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

温泉街から徒歩5分の場所にある「小野川温泉スキー場」は、
近隣住民によって運営されている地域密着型のスキー場で、ゲレンデは緩やかで幅広のため、初心者の方やお子様でも楽しめるスキー場です。

住所〒992-0076  山形県米沢市小野川町字志田1881-1
電話番号0238-32-2076
営業時間土日祝日 平日は予約対応
9:00~16:30
定休日平日 ※年末年始は休まず営業
料金◆リフト一日券 大人:2400円、子供:1000円
◆リフト4時間券 大人:1500円、子供:800円
◆その他: お得な親子券あり ※子供は中学生以下(平成28年12月現在)
アクセス米沢駅から車で25分
公式HPhttps://npo-onogawa.org/

上杉神社〜小野川温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

上杉神社は、明治9年、上杉謙信、上杉鷹山を祭神として、米沢城本丸跡に建立されており、米沢市民の心の支えとなっていて、初詣やお宮参り、結婚式や安全祈願など、四季を問わず多くの市民が訪れています。

住所〒992-0052  山形県米沢市丸の内1-4-13
電話番号0238-22-3189
営業時間春夏秋 6:00~17:00 稽照殿は9:00~16:00
冬 7:00~17:00
定休日
料金拝観料大人400円。
アクセス米沢駅からバスで10分(上杉神社前バス停 5分)
公式HPhttp://yamagatakanko.com/spotdetail/?data_id=1390

上杉家廟所〜小野川温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

山形県米沢市にあります米澤藩主上杉家廟所は、家祖である上杉謙信公の御遺骸がある墓所で、1984年、米沢藩主上杉家墓所の名称で国の史跡に指定されています。

住所〒992-0055  山形県米沢市御廟1-5-30
電話番号0238-23-3115
営業時間9:00~17:00 受付は16:30まで
定休日年中無休
料金大人:300円 20名以上団体料金 200円
大学生:200円 20名以上団体料金 150円
高校生:200円 20名以上団体料金 150円
中学生:100円 20名以上団体料金 80円
小学生:100円 20名以上団体料金 80円
アクセス米沢駅からバスで15分
バス停「御廟所西口」から徒歩で5分
公式HPhttp://uesugigobyo.com/

小野川温泉に実際に訪問した方の感想をご紹介!

この投稿をInstagramで見る

* ━━━━━━━━━━━━━━━━ 山形で旬のフルーツを満喫する旅🍒 ━━━━━━━━━━━━━━━━ 「王将果樹園」のOh!Show!Caféでは、さくらんぼ狩りが楽しめるほか、オリジナルソフトクリームや季節のフルーツパフェなどが味わえます。 夜は、7/15(月)まで開催されている「小野川温泉ほたるまつり」へ。3種類の天然蛍を同時に鑑賞できるめずらしい場所で、幻想的な世界に浸りましょう。 宿泊はそのまま「小野川温泉」へ。小野小町や伊達政宗ともゆかりある温泉で身も心もいやされてみては? @m_mintrose さん、 @saito_pic316 さん、 @kinopan さん、素敵なお写真をありがとうございます♪ ・ 「行くぜ、東北。」公式サイトでも夏の東北の魅力をご紹介! また8月31日まで「夏の東北 Instagramキャンペーン」を開催中です♪ 詳細はプロフィールのURLより、応募規約をご覧ください。皆さまの投稿をお待ちしています! ・ #行くぜ東北 #夏の東北 #JR東日本 #新幹線 #日本 #japan #unknownjapan #東北 #tohoku #旅行 #電車旅 #旅行好きな人と繋がりたい #旅好きな人と繋がりたい #山形県 #山形 #山形旅行 #yamagata #王将果樹園 #果樹園 #OhShowCafe #さくらんぼ #さくらんぼ狩り #ソフトクリーム #パフェ #スイーツ #小野川温泉 #小野川温泉ほたるまつり #蛍 #温泉

行くぜ、東北。/JR東日本(@ikuzetohoku_official)がシェアした投稿 –

住所〒992-0076 山形県米沢市小野川町
電話番号0238-32-2740
公式HPhttp://www.onogawa.jp/index.html/

関連記事

  1. 宮城・峩々温泉

    【宮城・峩々温泉】「日本三大胃腸病の名湯」!独特の湯治方法あり

  2. 山形県蔵王温泉

    【山形・蔵王温泉】「奥羽三高湯」の1つ!硫黄泉で美人の湯

  3. 青森県谷地温泉

    【青森・谷地温泉】「日本三大秘湯」の一つ!開湯400年を誇る豪雪地帯の温泉

  4. 青森蔦温泉

    【青森・蔦温泉】1000年以上の歴史持つ「美人の湯」!日本有数の秘湯

  5. 宮城県鬼首温泉

    【宮城・鬼首温泉】間欠泉が圧巻!紅葉の名所としても有名

  6. 宮城・鎌先温泉

    【宮城・鎌先温泉】「傷は鎌先」!傷や火傷に効く奥羽の薬湯

  7. 宮城県鳴子温泉郷

    【宮城・鳴子温泉郷】9つの泉質?!「奥州三名湯」の1つ

  8. 山形県湯野浜温泉

    【山形・湯野浜温泉】「奥羽三楽郷」の1つ!日本海ミネラル豊富な湯

  9. 山形・天童温泉

    【山形・天童温泉】無料足湯あり!山形主要観光地への拠点温泉地

  10. 福島県飯坂温泉

    【福島・飯坂温泉】「奥州三名湯」の1つ!日本最古の木造建築共同浴場も

  11. 岩手鉛温泉

    【岩手・鉛温泉】足元湧出の藤三旅館「白猿の湯」が有名!源泉100%掛け流し湯

  12. 福島県いわき湯本温泉

    【福島・いわき湯本温泉】日本三古泉の1つ!三つの泉質が楽しめる古泉

  13. 岩手・国見温泉

    【岩手・国見温泉】国内屈指・緑の湯が特徴!エメラルドグリーンの秘湯

  14. 岩手県須川温泉

    【岩手・須川温泉】毎分6000リットルの豊富な湯量!1000m超の高山温泉

  15. 青森県恐山温泉

    【青森・恐山温泉】日本三大霊山!国内でも珍しい強酸性温泉