【山形・蔵王温泉】「奥羽三高湯」の1つ!硫黄泉で美人の湯

山形県蔵王温泉

画像引用:https://www.yukoyuko.net/onsen/0057

蔵王温泉ってどんな温泉地なの?

蔵王温泉(ざおうおんせん)は、
開湯1,900年と伝えられ山形県内で最も古い歴史を持つ名湯になります。

蔵王温泉は、「奥州三高湯」の1つにも数えられているほどの名湯で、
福島県の高湯温泉山形県の白布温泉と共に「奥州三高湯」と言われています。

5つの温泉群と47の源泉があり温泉地としての側面はもちろんのこと、
その大自然が季節ごとに見せる顔の豊かさから、一年を通して多くの観光客が訪れる県内最大の温泉リゾートです。

蔵王温泉の歴史は前述の通り非常に古いものがあり、
毒矢に当たり、全身がただれ苦しんでいた吉備多賀由(きびのたかゆ)が湯浴みをしたところ数日で回復したことから、「多賀由温泉」と呼ばれていましたが、転じていつしか「高湯温泉」と名前を変え、千年以上にわたり親しまれてきました。
昭和25(1950)年に、日本観光地百選・山岳の部で蔵王が第1位となったのきっかけとして「蔵王温泉」に改められ、現在に至ります。

蔵王温泉にきたらぜひ購入したいのが、これ「湯めぐりこけし」(1300円)!

見た目の可愛さはさることながら、これを購入すると、蔵王温泉の様々なお湯を巡ることができます。
(蔵王温泉の日帰り入浴は、通常1カ所につき500円~1,000円の入浴料がかかります)

こけしには「湯めぐりシール」が3枚ついており、加盟旅館でお1人様1枚必要(一部2枚)となります。つまりかなりお得です!

蔵王温泉へのアクセスは以下の通りです。

車の場合山形道 山形蔵王ICから車で35分
電車の場合山形駅からバスで40分(蔵王温泉行き「蔵王温泉」下車)

蔵王温泉の泉質ってどんなものなの?

蔵王温泉は、強酸性の硫黄泉でpH1.25~1.6。
源泉温度は45度~66度と高めです。

強酸性泉は血行促進効果に加え、表皮の殺菌作用や皮膚を強くする作用が古くから皮膚病に高い効能があるとされ、
また蔵王温泉のお湯は肌を白くする効能から「姫の湯」の異名も持ちます。

泉質
源泉温度/45℃~66℃、湯量/毎分約5,700L、一日約8,700t、pH(ペーハー)/pH1.25~1.6
効能
きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、神経症、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
禁忌症
皮膚や粘膜の過敏な人・特に光線過敏症の人、高齢者の皮膚乾燥症、急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と後期)

蔵王温泉では温泉本来の成分を感じてもらおうと、
多くの施設で源泉100%掛け流しの湯を楽しめるのが大きな特徴の1つです。

蔵王温泉の温泉街には3つの共同浴場、3つの足湯、5つの日帰り温泉施設があり、宿泊のお客様だけでなく、宿泊しない人でも気軽に蔵王温泉を楽しむことができます。

蔵王温泉のおすすめ日帰り温泉旅館・施設紹介!

それでは早速蔵王温泉のおすすめ日帰り温泉施設をご紹介します!

蔵王温泉大露天風呂〜蔵王温泉のおすすめ日帰り旅館〜

五感を刺激する渓流露天風呂で、蔵王温泉大露天風呂は源泉掛け流しで楽しめ、四季折々の自然の移り変わりを感じ、壮大な自然の中に満ちる蔵王の湯で、心も身体も癒されます。
蔵王温泉は強酸性の硫黄泉です。 硫黄泉には、体内のムコ多糖タンパクを活性化させる働きがあり、体内水分量を増加させ、肌と血管を若返らせるとされています。

住所〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉853−3
電話番号023-694-9417
営業時間6:00~19:00(最終受付 18:30)
※降雪時等は営業しない場合がございます。
事前に下記お問い合わせ先までご確認ください。
 11月下旬〜翌3月までは閉鎖
定休日
日帰り入浴料金大人470円(税込)、1歳~小学生260円(税込)
泉質強酸性の硫黄泉
効能きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、神経症、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
公式HPhttp://www.jupeer-zao.com/roten/

蔵王温泉 大平ホテル〜蔵王温泉のおすすめ日帰り旅館〜

当館は100%源泉掛け流しにこだわり、源泉湯宿を守る会の厳しい基準もクリアーした源泉かけ流し100%の天然温泉を楽しむことのできる施設です。
加温・加水・循環・湧出後の時間・湯量に合せた湯船の大きさなどを考慮して、お風呂を造り、より新鮮でパワーあふれる温泉です。

住所 〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉825
電話番号023-694-9422
営業時間12:00~17:00
定休日
日帰り入浴料金700円(税込)
泉質酸性泉
効能きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
公式HPhttp://www.oohira.co.jp/

自噴温泉・すのこの湯  かわらや〜蔵王温泉のおすすめ日帰り旅館〜

「かわらや」は、川原の上に在る温泉で、
川原の底から温泉が湧きだしているところに底を“すのこ”にした湯舟を置いております。
特に「すのこの湯」は温度も熱過ぎず、地元でも良く効くと言われており、お子様でも入り易く、お母さん方には肌が白く綺麗になると喜ばれています。

住所〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉43番地
電話番号023-694-9007
営業時間(5月~9月)9:00~20:30、(10月~4月)9:00~20:00
定休日
日帰り入浴料金入浴券(大人)              500円
入浴券(子供)              300円
入浴券(ビール・おつまみ付)     1,100円
回数券(12枚綴り)         5,000円
泉質酸性/含鉄/硫黄/アルミニューム/硫酸塩/塩化物
効能きりきず、やけど、慢性皮膚病(アトピー)、虚弱児童、慢性婦人病、月経傷害、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、特に女性には美白・美肌。
公式HPhttps://www.kawarayaga.com/

湯の花茶屋 新左衛門の湯〜蔵王温泉のおすすめ日帰り旅館〜

開湯1900年とも言われ、山形県内ではもっとも古い温泉として知られる蔵王温泉にある新左衛門の湯では、効能あふれ豊かに湧き出す源泉をそのまま露天風呂に満たし、四季折々の蔵王の山々の季節を感じながら源泉100%のお湯を楽しむことができます。
また肌のあまり強くない方でも蔵王のお湯をご堪能頂けるよう、四・六の湯やかめ湯、また屋内の内湯もご用意し、多くの方に安らぎのひと時をご用意しております。

住所 〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉川前905
電話番号023-693-1212
営業時間お湯処/お土産処
平日/10:00~18:30(最終受付18:00)
土日祝/10:00~21:30(最終受付21:00)
お食事処
平日 10:00~18:30(L.o. 18:00)
土日祝 11:30~15:30(L.o. 15:00)
17:30~20:30 (L.o. 20:00)
※毎週水曜日はお休みとさせていただきます。
定休日
日帰り入浴料金大人……………750円
子供……………400円
3才以上幼児…200円
便利でオトクな入浴回数券(12回7,500円)も販売中!
泉質強酸性泉
効能美肌、切り傷、火傷、婦人病、虚弱児童、動脈硬化症、糖尿病、高血圧症、神経痛
公式HPhttps://zaospa.co.jp/

堺屋・森のホテル ヴァルトベルク〜蔵王温泉のおすすめ日帰り旅館〜

開湯1900年を迎えた蔵王温泉は、西暦110年ころに日本武尊の統制に従った吉備多賀由により発見されたという伝説の残る日本最古の温泉地の一つで、強酸性の白濁した泉質は「美肌の湯」とも言われています。
お肌にはとても優しい温泉ですが泉質上、貴金属やメガネの縁や枠などは黒くなってしまいます。

住所〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉清水坂889−1
電話番号023-694-9300
営業時間11:30~15:00
定休日
日帰り入浴料金大人(中学生以上)
お一人様1,000円
小学生
お一人様500円
泉質酸性・含鉄・硫黄-アルミニウム硫酸塩塩化物泉(旧泉質名:含硫化水素強酸性明ばん緑ばん泉)外傷・皮膚病・美肌に。100%源泉掛け流しの温泉です。
効能きりきず、やけど、慢性皮膚炎、筋肉痛、関節痛、運動麻痺 など
公式HPhttps://www.waldberg-zao.com/

蔵王温泉に行ったら合わせて行きたい観光スポット!

それでは早速蔵王温泉に行ったら合わせて訪問したい観光スポットをご紹介します!

山形蔵王温泉スキー場〜蔵王温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

変化に富んだゲレンデ・コースと幻想的な樹氷のライトアップも楽しめるスキー場。
東北最大級のスノーリゾートエリアで、アメリカのCNNにより「日本の最も美しい場所31選」にも選ばれるほど、海外でも評価されているスキー場です。

住所〒990-2301  山形県山形市蔵王温泉940-1
電話番号023-694-9328
営業時間8時15分~21時
定休日5月6日~12月第1土曜の前日の金曜、営業期間中は無休
料金大人:リフト1日券4600円
その他:小学生以下2500円
アクセス自動車/山形自動車道「山形蔵王IC」から一般道利用30分程度
鉄道利用の場合/JR山形駅から路線バス「蔵王温泉行き」40分程度
公式HPhttp://www.zao-ski.or.jp/

蔵王ロープウェイ〜蔵王温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

蔵王を360度の大パノラマで体感できるロープウェイで、蔵王の四季の素晴らしさを高い空から、味わうことができます。
春には、新緑か萌えてまばゆく、夏には紺碧の空のもとでトレッキング、秋には錦秋の紅葉、冬にはもちろんウィンタースポーツや樹氷を楽しむことができます。

住所〒990-2301  山形県山形市蔵王温泉229-3 
電話番号023-694-9518
営業時間4月1日~12月10日
冬 8:30~17:00 山麓線
冬 8:45~16:45 山頂線
定休日
料金大人 1区間800円、2区間1,500円 2区間の往復2,600円
子供 1区間400円、2区間800円 2区間の往復1,300円
アクセス・山形駅からバスで40分
蔵王温泉バスターミナルから徒歩で15分
・山形自動車道山形蔵王ICから車で
西蔵王高原ラインから車で30分
公式HPhttp://zaoropeway.co.jp/

蔵王中央ロープウェイ〜蔵王温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

蔵王温泉にある温泉駅と、標高1387mの鳥兜山(とりかぶとやま)山頂にある鳥兜駅とを結ぶロープウェイが蔵王中央ロープウェイ。
標高差524mを101人乗りのゴンドラが7分30秒で結び、ロープウェイで上った蔵王中央高原には、なだらかな森林地帯にドッコ沼、片貝沼などの沼が点在しています。

住所〒990-2301  山形県山形市蔵王温泉940番地1
電話番号TEL:023-694-9168/FAX:023-694-9167
営業時間4月1日~10月31日 8:30~17:00
11月1日~12月20日 8:30~16:00
12月21日~3月31日 8:15~17:00 土・日・祝、年末年始は、8:00~17:00営業。
定休日
料金蔵王中央ロープウェイ「温泉駅~鳥兜駅」 蔵王スカイケーブル「上の台駅~中央高原駅」 運賃表

*片 道
大 人800円
小 人400円
ペット200円

*往 復
大 人1,500円
小 人750円
ペット400円
アクセス山形駅からバスで40分(蔵王温泉バスターミナル下車、徒歩)
蔵王温泉バスターミナルから徒歩で5分
公式HPhttp://zaochuoropeway.co.jp/jp/winter/index.php

蔵王スカイケーブル〜蔵王温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

蔵王スカイケーブルは、蔵王温泉にある『上の台駅~中央高原駅』で運行しています。所要時間は約8分で、延長距離は1,636m。高低差は342mあり、4人乗りのゴンドラで、お客様のファミリー・グループで発車します。
1人でもOKで、時間が自由ですので、すぐに出発できます。

住所〒990-2301  山形県山形市蔵王温泉794
電話番号023-694-9420
営業時間営業時間
8:30~17:00 ※4 ※5
運行時間
随時発車
※4 営業再開は11月5日からとなります。
※5 11月5日~12月20日までは16時までの営業となります。
定休日5/28~11/30運休
※8/11~8/15臨時運転
料金子供の料金
片道400円
往復650円
大人の料金
片道800円
往復1300円
アクセス山形駅からバスで40分
蔵王温泉バスターミナルから徒歩で5分
公式HPhttp://zaochuoropeway.co.jp/

蔵王の紅葉〜蔵王温泉に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

広大な山形蔵王では、晩夏から少しずつ始まる自然の冬支度を感じることができ、山頂から次第に色づき始める紅葉は、黄色に橙、赤に煉瓦色と美しいグラデーションを描き、訪れる人の目を楽しませてくれます。
また、鮮やかな紅葉を上から眺められるのはロープウェイならではで、蔵王の紅葉の楽しみ方です。

住所〒990-2301  山形県山形市蔵王温泉
電話番号023-694-9328
営業時間9月~10月
8:30~17:00 12:00-13:00までは休憩のため閉鎖 蔵王温泉観光協会 案内
定休日
料金
アクセス・山形駅からバスで40分
・山形道 山形蔵王ICから車で35分
公式HPhttp://zaoropeway.co.jp/zao/autumn/

最後に実際に蔵王温泉に行った方の感想をご紹介!

住所蔵王温泉観光協会
〒990-2301 山形市蔵王温泉708-1
電話番号TEL:023-694-9328 FAX:023-694-9327
HP
http://www.zao-spa.or.jp/

関連記事

  1. 山形県姥湯温泉

    【山形県・姥湯温泉(うばゆおんせん)】秘湯ファンが愛してやまない標高1300mの温泉

  2. 山形・小野川温泉

    【山形・小野川温泉】ホタル舞う温泉地!小野小町に由来する「美人の湯」

  3. 山形県肘折温泉

    【山形・肘折温泉】1200年の歴史!全国でも珍しい天然炭酸泉

  4. 山形県赤湯温泉

    【山形・赤湯温泉】開湯900年以上前!源氏が発見した古湯

  5. 山形・天童温泉

    【山形・天童温泉】無料足湯あり!山形主要観光地への拠点温泉地

  6. 山形・あつみ温泉(温海温泉)

    【山形・あつみ温泉(温海温泉)】1日あたり湧出量はドラム缶約9360本分?!朝市が有名な古湯

  7. 山形県広河原温泉

    【山形・広河原温泉】間欠泉に入浴できる日本唯一の温泉!弱酸性の美肌の湯

  8. 山形県銀山温泉

    【山形・銀山温泉】大正ロマンの風情を残す、古き良き温泉郷

  9. 山形県湯野浜温泉

    【山形・湯野浜温泉】「奥羽三楽郷」の1つ!日本海ミネラル豊富な湯

  10. 山形・瀬見温泉

    【山形・瀬見温泉】源義経に由来!歴代天皇も宿泊する古湯

  11. 山形 白布温泉

    【山形・白布温泉】「奥羽三高湯」の1つ!全長33mオリンピック風呂もある

  12. 山形県かみのやま温泉

    【山形・上山温泉(かみのやま)】「奥羽三楽郷」の1つ!1458年開湯の古湯

  1. 喜連川温泉 市営もとゆ温泉 第1温泉浴場

    【現地レポ】喜連川温泉 市営もとゆ温泉 第1温泉浴場は、300円で入…

    2020.01.11

  2. 早乙女温泉(喜連川温泉)

    【現地レポ】早乙女温泉(喜連川温泉)の極上硫黄泉を堪能してきた

    2020.01.11

  3. 静岡・三ケ日温泉

    【静岡・三ケ日温泉】「浜名湖うなぎ」が特産!アルカリ性単純温泉…

    2019.12.30

  4. 兵庫・大沢温泉

    【兵庫・大沢温泉】赤褐色の湯色が特徴!週末レジャーに最適な温泉地

    2019.12.30

  5. 愛知・内海温泉

    【愛知・内海温泉】1988年の開湯!「日本の渚百選」にも選出される…

    2019.12.30