【宮城・鳴子温泉郷】9つの泉質?!「奥州三名湯」の1つ

宮城県鳴子温泉郷

画像引用:http://www.naruko.gr.jp/onsenkyo/5onsen/

鳴子温泉郷ってどんな温泉地?

鳴子温泉(なるこおんせん)は、
宮城県大崎市鳴子温泉にある温泉で、鳴子温泉郷の中心地です。
福島県の飯坂温泉宮城県の秋保温泉とともに奥州三名湯に数えられている名湯です。

鳴子温泉郷は、
宮城県北部の米どころ大崎地方を流れる江合川の上流に位置し、
以下の5つの温泉で構成される温泉郷となります。

  • 鳴子温泉
  • 東鳴子温泉
  • 川渡温泉
  • 中山平温泉
  • 鬼首温泉

の5ヶ所の温泉地からなる一大温泉郷です。
それぞれに個性豊かな街並みや風呂を備えており、
比較しながら巡ってみるのも楽しみの一つです。

鳴子温泉郷では、「下駄も鳴子」というキャッチフレーズが使われており、
下駄を履いているといくつか特典ももらえたりするようです。(一部下駄手形がないとご利用いただけない特典もあります。)

鳴子温泉郷は1000年を超える歴史を持っていて、
温泉の発見は837年と言われています。
鳥谷ヶ森(鳴子火山)が大爆発し、熱湯が噴出したといわれ、
一説には、そのときの轟音から村人が「鳴郷の湯」と名づけたとも伝えられています。

鳴子温泉郷へのアクセスとしては以下の通りです。

・高速バスは石巻・女川町発→仙台駅着で1時間14分・800円〜
・新幹線・電車は仙台駅発→鳴子温泉駅着で0時間55分・2,350円〜
・車で行く場合は、高速道路で仙台宮城IC発→古川IC着で28分〜・1,300円〜。高速道路を降りたら、一般道で向かいます。

https://idou.me/tourist-spot/34/miyagi_

鳴子温泉郷の泉質ってどんな泉質なの?

鳴子温泉郷は、豊富な泉質が特徴で、
日本にある旧泉質分類11種類中で9種類、
新泉質分類10種類では8種類の泉質
があります。
(※鳴子温泉では6種類の泉質があります。)

大きく分類するだけでも硫黄泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉など多くの泉質が楽しめます。

そんな多くの泉質を持っている温泉地というのはすごいですね・・・!

鳴子温泉郷には、400を超える源泉があり、
多くの宿が自家源泉を持っています。

湧出するお湯の量も豊富で、源泉かけ流しの風呂が多いのが鳴子温泉郷の魅力の1つです。豊富な湧出量、豊富な泉質、もうまさに「温泉のデパート」と言えます。

泉質・硫黄泉
・芒硝泉
・石膏泉
・重曹泉
・食塩泉
・酸性泉
・含鉄泉
・二酸化炭素泉
・単純温泉
効能詳しくは鳴子温泉郷の公式HPを参照ください。
http://www.naruko.gr.jp/file-tegata/tegata-8-senshitu.htm

鳴子温泉郷をめぐる上でぜひ購入するべきなのは、
「湯巡りチケット」(1枚1300円)で、チケットの6つのシールを使うと現金で入浴するよりもお得に入浴ができます◎

鳴子観光・旅館案内センターで販売しています。

実際に鳴子温泉郷に行った方の感想をご紹介!

住所鳴子温泉郷観光協会
〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉字湯元2-1
電話番号TEL:0229-82-2102 / FAX:0229-83-2094
HPhttp://www.naruko.gr.jp/

関連記事

  1. 宮城・峩々温泉

    【宮城・峩々温泉】「日本三大胃腸病の名湯」!独特の湯治方法あり

  2. 宮城県鬼首温泉

    【宮城・鬼首温泉】間欠泉が圧巻!紅葉の名所としても有名

  3. 宮城・中山平温泉

    【宮城・中山平温泉】5種類の泉質が楽しめる!化粧水のような「美人の湯」

  4. 宮城県作並温泉

    【宮城・作並温泉】仙台市街地から40分!「仙台の奥座敷」

  5. 宮城・鎌先温泉

    【宮城・鎌先温泉】「傷は鎌先」!傷や火傷に効く奥羽の薬湯

  6. 福島県飯坂温泉

    【福島・飯坂温泉】「奥州三名湯」の1つ!日本最古の木造建築共同浴場も

  7. 宮城・青根温泉

    【宮城・青根温泉】「うなぎとかにの伝説」で有名!伊達政宗も愛した東北の名湯

  8. 宮城県秋保温泉

    【宮城・秋保温泉】古墳時代からの名湯!「日本三御湯」の1つ

  9. 宮城県遠刈田温泉

    【宮城・遠刈田温泉】開湯400年!古くから足腰の病に効く湯治場