【青森・黒石温泉郷】5つの温泉地から成る温泉郷!効能豊かな複数の泉質を同時に楽しめる

青森・黒石温泉郷

画像引用:https://colocal.jp/odekake/21452.html

黒石温泉郷ってどんな温泉地なの?

黒石温泉郷(くろいしおんせんきょう)は、
青森県黒石市の奥座敷に位置する温泉の総称(温泉郷)で、
浅瀬石川沿いに存在する長寿温泉、温湯温泉、落合温泉、板留温泉の4つと、離れた場所に位置する青荷温泉によって構成されている温泉郷
です。

以下簡単に各温泉地の概要ご紹介していきます。

1.長寿温泉

毎分600リットルも湧き出るエメラルドグリーンのお湯は見て美しく、入って気持ち良い天然温泉。
日本三大美林の一つである「青森ひば」のお風呂は「精神安定効果」や「美肌効果」も見込める湯船です。
お湯は源泉掛け流し100%の天然温泉で、源泉の温度は38.5℃と人肌に近い温度なので、体に負担がかかりません。

住所〒039-1164 青森県八戸市下長3丁目21−11
泉質ナトリウム塩化物泉(弱食塩泉、弱アルカリ性低張性温泉)
効能リウマチ性疾患、運動機能障害、創傷、慢性湿疹及び角化症、虚弱児童、女性性器慢性炎症、卵巣機能不全症、子宮発育不全症及び月経障害など
公式HP

2.温湯温泉(ぬるゆ温泉)

この投稿をInstagramで見る

. 温泉街の散策も 温泉巡りの楽しみのひとつだったりしますが . 過去、銀山温泉の次に“町並み”に衝撃を受けたのが 青森の「温湯温泉」 . 大正期あたりの木造建築が立ち並び 昔ながらの鄙びた湯治場の風情を今も忠実に保っています。 . . #温湯温泉 #黒石温泉郷 #湯治場 #外湯 #温泉 #温泉街 #温泉客舎 #黒石市 #青森 #青森の温泉 #鶴の湯 #温泉こけし #温泉街 #町並み #街並み #大正ノスタルジー #レトロ #ノスタルジー #ノスタルジック #古い町並み #レトロな風景を訪ねて #aomori #kuroishi #nuruyu #hotspring

使い道のない風景(@useless_landscapes)がシェアした投稿 –

浴室は男女別の内湯のみというシンプルな作りで、
浴槽が二槽に分かれており、熱めとぬるめに設定されています。
お湯の色は日によって異なり、無色から黄色、薄い緑色など実に綺麗です。

住所〒036-0411青森県黒石市大字温湯字鶴泉79
泉質ナトリウム・塩化物泉
効能神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性リウマチ等
公式HP

3.落合温泉

低料金で、誰でも気軽に入浴できる、温泉共同浴場で、
素朴な外観の共同浴場が一軒存在し、花禅の庄の前の津軽伝承工芸館に無料の「百人足湯」(2003年7月開設、長さ46.2mを誇る)があります。

住所〒036-0412 青森県黒石市大字袋富山64−2
泉質ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
効能神経痛、筋肉痛、関節痛など
公式HP

4.板留温泉

昔、花山院忠長という人物が上流に湯の湧く場所があると聞いてこの地を訪れましたが、川の水と湯が混流して入湯できず、村人が板を集め、川の水を留めて湯に入ったことから板留温泉と呼ばれるようになりました。
天文年間(1532年〜1555年)の津軽道中譚には既に温泉の記述が有ることから、それ以前の開湯であると考えられていますが開湯時期は不明です。

住所 〒036-0404 青森県黒石市大字板留宮下11
泉質ナトリウム・カルシウム・硫酸塩泉(低張性中性温泉)
効能皮膚病・婦人病・神経痛など
公式HP

5.青荷温泉

秘湯・ランプの宿として知られ、電気も電波も届かない「圏外の宿」で一軒宿のある温泉地。
総ヒバの浴場「健六の湯」には、男女別の内風呂、女性向けにかま風呂、岩風呂と二つの露天風呂があります。

住所〒036-0402 青森県黒石市大字沖浦 字青荷沢滝ノ上1-7
泉質単純温泉(無色透明、無味無臭)
効能神経痛 筋肉痛 関節痛 五十肩運動麻痺 関節のこわばり、うちみ、くじき 慢性消化器病 痔病 冷え性 病後回復期 疲労回復 健康増進
公式HPhttps://www.aoninet.com/

黒石温泉郷の泉質・効能ってどんなもの?

この投稿をInstagramで見る

蔦温泉からクルマで40分くらい、青荷温泉にて立ち寄り湯です! まずは健六の湯へ。 少し改装されたとこのとでクリアで清潔感あふれる佇まいに。 お湯もシンプルで優しい単純泉。 蔦温泉のパンチを和らげてくれるような。 気持ちよく湯浴みできました♨️ 3枚めは外にある足湯。 暑いから人はいなかったけど。 待ち合わせにはよさそうです。 #青森#黒石#黒石温泉郷#青荷温泉#温泉#温泉レボリューション#立ち寄り湯#足湯#でも汗は止まらない#温泉好き#源泉かけ流し #旅スタグラム#ひとりじゃない旅#行くぜ東北#東北夏のインスタキャンペーン #japan#japanesetravel#trip#travel#onsen#hotsprings #instatravel#instafollow#instagood#aomori

@ t.i.revolutionがシェアした投稿 –

前述の通り、黒石温泉郷は複数の温泉地から構成されていて、
古くから湯治場として栄えてきましたが、それぞれに異なった泉質が特徴の温泉地で、多くの泉質を楽しめるのが大きな特徴です。

このように複数の温泉地があるわけですが、
入浴する順番を守ることで温泉効能を最大化することができるそうで、

「落合温泉」→「板留温泉」→「温湯温泉」

の順に入浴することで、
「クレンジング効果」に「しっとり効果」、そして「保温&保湿効果」と入浴効果を実感しやすくなるそうです。

黒石温泉郷のおすすめ日帰り温泉旅館・施設紹介!

それでは早速黒石温泉郷のおすすめ日帰り温泉施設をご紹介します!

鶴の名湯 温湯温泉〜黒石温泉郷のおすすめ日帰り旅館〜

源泉100%掛け流しの天然温泉が楽しめる施設で、
大きいお風呂の源泉掛け流し量はとても多く、四角いタイル状の床をざぶざぶと温泉があふれています。
各湯舟には44度の熱い湯と41.5度のぬるい湯が入っていて、好みに応じて湯船を楽しめるのが嬉しいポイント。

住所〒036-0411 青森県黒石市大字温湯鶴泉79
電話番号0172-54-8591
営業時間4:00〜22:00
定休日年中無休
日帰り入浴料金大人250円 小人100円
泉質ナトリウム・塩化物泉
効能神経痛筋肉痛関節痛
公式HPhttps://www.nuruyuonsen.com/

花禅の庄〜黒石温泉郷のおすすめ日帰り旅館〜

落合温泉のお湯は単純泉で無色透明、リウマチや神経痛に効くと言われており、アトピー改善や美肌効果も期待できます。
青森ヒバとマイナスイオン効果のある十和田石をふんだんに使用した大浴場からは四季折々の自然の移り変わりを目の当たりにできます。

住所〒036-0412 青森県黒石市大字袋富山64−2
電話番号0172-54-8226
営業時間11:00〜15:00
定休日木曜
日帰り入浴料金700円
泉質単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉) 
効能リウマチ、神経痛、アトピーなど
公式HPhttp://www.kazennosyo.jp/

青荷温泉〜黒石温泉郷のおすすめ日帰り旅館〜

山の中の一軒宿で、
宿には自慢の風呂が4つあり、「健六の湯」は総ヒバ造りの湯で、 ゴツゴツとした大石とスダレに囲まれた露天風呂からは渓流に隣り合わせの作りとなっていて、自然を感じながらの入浴ができます。

住所青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
電話番号0172-54-8588
営業時間10:00~15:00(閉館)
定休日
日帰り入浴料金520円(入浴料込)
泉質単純温泉(無色透明、無味無臭)
効能神経痛 筋肉痛 関節痛 五十肩運動麻痺 関節のこわばり、うちみ、くじき 慢性消化器病 痔病 冷え性 病後回復期 疲労回復 健康増進
公式HPhttps://www.aoninet.com/

あずまし屋〜黒石温泉郷のおすすめ日帰り旅館〜

肌をみずみずしくする硫酸イオンが多く含まれる化粧水パワーの美肌温泉が自慢お宿で、化粧水にも利用されている美肌成分であるメタケイ酸を豊富に含んだ湯は女性にも人気のお湯です。

住所 〒036-0404 青森県黒石市 大字板留字宮下23
電話番号0172-54-8021
営業時間11:00~15:00
定休日
日帰り入浴料金500円
泉質硫酸塩泉(pH7.5,配湯)、塩化物泉(pH7.5,配湯)
効能神経痛、皮膚病、関節痛など
公式HPhttps://www.azumashiya.jp/

旅の宿 斉川〜黒石温泉郷のおすすめ日帰り旅館〜

板留温泉の源泉かけ流しの天然温泉を楽しめる温泉施設で、
家庭的な純和風な雰囲気の小さなお宿。
男女の大浴場、露天風呂、貸切陶器風呂を用意してあり、古き時代から利用されている温泉宿です。

住所 〒036-0404 青森県黒石市大字板留宮下8−1
電話番号0172-54-8308
営業時間10:00〜15:00
定休日
日帰り入浴料金500円
泉質カルシウム、ナトリウム、硫酸塩、塩化物泉 
効能神経痛・筋肉痛・皮膚病
公式HPhttp://tabinoyado-saikawa.com/

黒石温泉郷に行ったら合わせて行きたい観光スポット!

それでは早速黒石温泉郷に行ったら合わせて訪問したい観光スポットをご紹介します!

東公園〜黒石温泉郷に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

桜の名所として古くから知られており、都市公園として整備されジョギングコースもあり、桜の季節をはじめ、四季を問わず市民の憩いの場として親しまれています。
桜の名所であることから、「東公園さくら山」とも呼ばれていて、適度に広い園内に約650本の桜が並びます。

住所〒036-0333  青森県黒石市柵ノ木2丁目
電話番号0172-52-2111
営業時間例年桜の見頃は4月下中旬~4月下旬
日付は例年の見ごろ。気象条件により前後する場合あり。
9:00~21:00 (ライトアップ消灯 21:00)
定休日
料金
アクセス【電車】弘南鉄道弘南線「黒石駅」から弘南バス「大川原線」または「温川線」へ乗車、約8分「黒石中学校前」下車、徒歩3分 【車】東北自動車道黒石ICから約5分
公式HP

中野もみじ山の紅葉〜黒石温泉郷に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

県下有数の紅葉の名所で、モミジの名所として親しまれていて、
樹齢100年を超えるモミジが約130本もみられる国内でも珍しい場所です。
紅葉期間中はライトアップが行われ、多く観光客が訪れます。

住所〒036-0405  青森県黒石市南中野
電話番号0172-52-2111
営業時間10月中旬~11月上旬
定休日
料金
アクセス【電車】弘南鉄道黒石駅からバスで板留下車、徒歩10分。弘南鉄道黒石駅から車で約20分
【車】東北自動車道黒石ICから約10分
公式HP

中町こみせ通り〜黒石温泉郷に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

中町こみせ通りは、青森県黒石市に江戸時代前期から続くアーケード状の通路で、日本の道百選にも選ばれているほど国内的にも珍しい街並みが見れる場所。
中町こみせ通りの特徴は、日差しや吹雪から人を守るアーケードがあることで、昔の商店通りだったこの道は買い物に来た人の為に自分たちの敷地内にアーケードを作った人情溢れる通りなのです。

住所〒036-0377  青森県黒石市中町
電話番号0172-52-2111
営業時間
定休日
料金
アクセス黒石ICから車で約10分。 弘南鉄道黒石駅から徒歩で約15分
公式HPhttps://kuroishi.or.jp/sightseeing/komisedoori

黒森山浄仙寺〜黒石温泉郷に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

黒森山の中腹にある浄仙寺は、森に囲まれた静かな境内は泉水とあやめの名所で、森の中には郷土の生んだ文人の文学碑が数多くあり、文学の森とも呼ばれています。
もみじ山に劣らず紅葉が素晴らしく、10下旬頃が見頃となります。

住所〒036-0405  青森県黒石市南中野字黒森下84-3
電話番号0172-54-8644
営業時間
定休日
料金
アクセス東北自動車道黒石ICから車で約12分
公式HPhttps://kuroishi.or.jp/sightseeing/kuromoriyamajousenji

青森県りんごジュース株式会社〜黒石温泉郷に訪れたら一緒に行きたい観光スポット〜

日本で初めてりんご混濁果汁を缶製品として商品化した会社で、
昭和33年の創業以来、青森県の基幹産業であるりんご産業のパイオニアとして、「シャイニー」ブランドで親しまれたりんごジュースを中心に製造・販売をしています。

住所〒036-0516  青森県黒石市相野178-2 
電話番号0172-52-2321
営業時間8:00~17:00
定休日日土 及び祝日、8月13日~16日、12月29日午後~1月4日
料金無料
アクセス弘南黒石駅からバスで10分
公式HPhttp://www.shinyapple.co.jp/

黒石温泉郷に実際に訪問した方の感想をご紹介!

この投稿をInstagramで見る

#花禅の庄 #落合温泉 #黒石市の温泉♨️ 最近は近場の温泉活動が多く、久しぶりの温泉投稿です😁 紅葉で有名な#中野もみじ山 近くにある温泉♨️ #単純泉 ながら、ほのかに硫黄の香りがするお湯❣️ 露天風呂の方が、しっかり温泉らしさを感じました😌 温泉ホテルなのでアメニティはバッチリ👌 独泉いただきました〜💕 湯札🏷利用でお得な湯浴みでした🤗 #温泉活動s #温泉 #青森の温泉♨️ #温泉好き #aomori #kuroishi #青森 #黒石 #onsen #hotsprings #spa #独泉 #源泉掛け流し #露天風呂 #黒石温泉郷 #黒石温泉郷湯めぐり湯札 #700円 #青森の温泉 #硫黄の香り #静かな温泉

_φ(・_・Shizu(@blue_sapphire920)がシェアした投稿 –

住所青森県
電話番号
公式HP

関連記事

  1. 秋田泥湯温泉

    【秋田・泥湯温泉】真っ黒卵が有名!日本秘湯を守る会にも所属する効能豊かな泥湯

  2. 宮城県作並温泉

    【宮城・作並温泉】仙台市街地から40分!「仙台の奥座敷」

  3. 青森・薬研温泉

    【青森・薬研温泉】紅葉の名所!400以上前に開湯した国民保養温泉地

  4. 宮城県鳴子温泉郷

    【宮城・鳴子温泉郷】9つの泉質?!「奥州三名湯」の1つ

  5. 福島・甲子温泉

    【福島・甲子温泉】巨大「大岩風呂 (混浴)」が有名!効能豊かな子宝の湯

  6. 福島県いわき湯本温泉

    【福島・いわき湯本温泉】日本三古泉の1つ!三つの泉質が楽しめる古泉

  7. 岩手・夏油温泉

    【岩手・夏油温泉】冬季休業!紅葉が温泉から見れる秘湯

  8. 福島県岳温泉

    【福島・岳温泉】珍しい天然湧泉「酸性泉」!メタケイ酸も豊富

  9. 岩手県金田一温泉

    【岩手・金田一温泉】座敷わらしに会える!?アルカリ性の美肌の湯

  10. 山形県かみのやま温泉

    【山形・上山温泉(かみのやま)】「奥羽三楽郷」の1つ!1458年開湯の古湯

  11. 青森蔦温泉

    【青森・蔦温泉】1000年以上の歴史持つ「美人の湯」!日本有数の秘湯

  12. 秋田・蒸ノ湯温泉

    【秋田・蒸ノ湯温泉】紅葉を見ながら入浴!標高1100mの秘湯

  13. 秋田県玉川温泉

    【秋田・玉川温泉】日本一湧出量と強酸性温泉?!万能の湯

  14. 青森・鯵ヶ沢温泉

    【青森・鯵ヶ沢温泉】世界遺産「白神山地」あり!約30万年前の化石海水が湧き出した温泉

  15. 福島二岐温泉

    【福島・二岐温泉】1000年の歴史もつ秘湯!自噴泉が特徴