【現地レポ】早乙女温泉(喜連川温泉)の極上硫黄泉を堪能してきた

早乙女温泉(喜連川温泉)

画像:meguri編集部撮影

栃木県・喜連川温泉ってどんな温泉地なの?

田んぼ道を車で進むと目立つ看板が見えてきます。

今回meguri編集部が訪問した栃木県の喜連川温泉は、
「日本三大美肌の湯」の1つとして温泉好きの間では有名な温泉地となっていますが、一般的にはまだまだ知名度の低い温泉地かと思います。

ちなみに、「日本三大美肌の湯」には喜連川温泉以外に、
島根県の「斐乃上温泉」佐賀県の「嬉野温泉」が該当します。
ぜひ機会あれば訪問してくださいね!

喜連川温泉の特徴としては、
喜連川温泉は、硫黄、塩分・鉄分という温泉の三大要素を含んだ温泉で、その泉質は非常に恵まれたものがあります。
また、泉源によっては全く異なった温泉を楽しめるのが魅力です。

今回meguri編集部は東京から向かいましたが、高速を利用して、車で1時間半〜2時間弱でした!
都内からのアクセスもそんなに悪くない温泉地と言えそうです。また、栃木県の宇都宮市内からだと30分でアクセスできます。
3連休の土日に訪問しましたが、高速もそんなに混むことなく、利用できました。

今回、お世話になった日帰り温泉施設、喜連川温泉・「早乙女温泉」!

施設の読み方が難しいですが、「そうとめおんせん」と言います。
栃木県さくら市の喜連川地区にある日帰り温泉施設で、平地の温泉としては珍しく硫黄の強く、色が変化する温泉を楽しめます。

駐車場は広く、100台近く止めることができるほどの広さがあります。
そして、車から降りた瞬間、すでに硫黄臭が・・・!

広々とした無料駐車場。車から降りた瞬間から硫黄臭が。

入り口はこんな感じです。
趣があっていいですね。あー田舎に来たなあという感じで周囲には何もありません。

和風なつくりの建物がいい味を出しています。
周りは山道です。

喜連川温泉・早乙女温泉の硫黄泉は最高すぎる!

(温泉内は撮影禁止となっていますので、公式HPより画像を引用いたします)

そして、そんな早乙女温泉の温泉は実に最高すぎます・・・!
源泉掛け流しの硫黄の香りがただよう温泉で、時間によって色が変わるのも温泉成分によるようです。

素朴で泉質以外はなんの特徴もない温泉ですが、
加水してでも身体に負担をかけない濃度にしています。
前述の通り、浴室内も硫黄臭がすごい・・・シャワーも温泉が出るので、硫黄!硫黄!硫黄!のコラボがすごいです。

泉質含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(硫化水素型)
効能神経痛筋肉痛関節痛五十肩運動麻痺関節のこわばりうちみくじき慢性消化器病痔疾冷え症病後回復期疲労回復健康増進

半露天風呂のような形なので、
冬場は少し寒いかもしれませんが、お湯が熱めなので涼しくて気持ち良い
と思います。

早乙女温泉特徴を簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 湯冷めしにくく、朝までポカポカ
  • 半露天式なのでのぼせにくい、ベンチもあって休憩しながらの入浴が可能
  • 開放的でゆっくり入浴できる
  • 毎朝、新鮮新湯
  • 源泉の温度が高く、沸かさない
  • 湯量が豊富で循環しない
日帰り温泉ランキング第5位!すごい

なんと、全国の日帰り温泉ランキングで堂々の5位にランクインするほどらしいです。実際に入浴するとそれも納得。

早乙女温泉はその硫黄成分の強さから、機械類は新品でも1年から2年で故障するくらいらしく、訪問の際には金属・機械類の管理は気をつけましょう!
無料のコインロッカーがあるので、こちらで管理しましょう。

無料のコインロッカーがありますので、貴重品をここで管理しましょう。浴室内は撮影禁止です。

喜連川温泉・早乙女温泉から出たら、地下水「宝水」を飲もう!休憩所も!

美味しく冷えていて、何倍でもいけます

そして温泉から上がったら、
地下天然水「宝水」をいただきましょう。とても冷えていてすごく美味しかったです!「宝水」は無料で提供されています。

休憩所兼お食事どころもついているので、温泉入浴後にお食事を食べるなり、ゴロンと横になるなり、漫画を読むなりくつろぐのが良いでしょう!

広々とした休憩所で、ご飯のメニューも豊富です。

いかがでしたでしょうか?

栃木県の喜連川温泉にある早乙女温泉は都心からのアクセスも悪くなく、
日帰りでも利用できる施設
かと思います。
温泉は言わずもがな最高で、入浴後ずっと身体からは硫黄の臭いが取れないほどです。

ぜひ機会あれば訪問してみてくださいね!

住所329-1414栃木県さくら市早乙女2114
TEL028-686-4126
アクセスJR宇都宮線氏家駅から東野バス喜連川温泉方面・馬頭小川方面行きで15分、「谷中入口」下車、徒歩10分
JR宇都宮線氏家駅から専用無料送迎バスが運行中(列車ダイヤ改正等により変更する場合有り)
東北自動車道宇都宮インターから国道119・293号経由で約45分
矢板インターから国道4号・293号経由で約15分
営業時間10:00~21:00(最終入場20:00)年末年始は変更の場合あり
休業日木曜(祝日の場合は営業)
料金全日 大人1050円 小人500円  毎日17:00以降 大人650円 小人250円
年末年始は料金の変更あり
HPhttp://www.soutome-on.com/onsen.htm

関連記事

  1. 群馬県水上温泉

    【群馬・水上温泉】水上温泉郷の中心温泉地!都心からのアクセスも抜群

  2. 神奈川県姥子温泉

    【神奈川・姥子温泉】「箱根八湯」の1つ!箱根温泉郷で最古の温泉地

  3. 栃木県那須温泉

    【栃木・那須温泉】開湯1300年以上前!6つの泉質をもつ温泉地

  4. 群馬県法師温泉

    【群馬・法師温泉】「法師温泉 長寿館」(登録有形文化財)の100年以上の秘湯を堪能

  5. 栃木県鬼怒川温泉

    【栃木・鬼怒川温泉】1692年開湯!関東を代表する大温泉地!

  6. 茨城・袋田温泉

    【茨城・袋田温泉】奥久慈温泉郷の1つ!袋田の滝が有名な温泉地

  7. 群馬県万座温泉

    【群馬・万座温泉 】硫黄含有量日本一!標高1800mの名湯

  8. 栃木県日光湯元温泉

    【栃木・日光湯元温泉】国民保養温泉地!標高約1500mの白濁の湯

  9. 群馬・宝川温泉

    【群馬・宝川温泉】「子宝の湯」あり!映画「テルマエロマエII」のロケ温泉地としても人気

  10. 茨城県五浦温泉

    【茨城・五浦温泉】岡倉天心の愛した地!「近代美術のメッカ」

  11. 湯河原温泉

    【現地レポ】湯河原温泉、実は穴場!行ったからこそわかる魅力と周辺観光をご紹介

  12. 【現地レポ】那須塩原温泉は七色ある!?外せない観光スポットもご紹介

  13. 群馬・川原湯温泉

    【群馬・川原湯温泉】ダムに沈む温泉地!奇祭「湯かけ祭り」が有名

  14. 群馬県川中温泉

    【群馬・川中温泉】山奥の秘湯!「日本三大美人の湯」

  15. 群馬県草津温泉

    【おすすめ15選!】草津(群馬)日帰り温泉まとめてみた

  1. 喜連川温泉 市営もとゆ温泉 第1温泉浴場

    【現地レポ】喜連川温泉 市営もとゆ温泉 第1温泉浴場は、300円で入…

    2020.01.11

  2. 早乙女温泉(喜連川温泉)

    【現地レポ】早乙女温泉(喜連川温泉)の極上硫黄泉を堪能してきた

    2020.01.11

  3. 静岡・三ケ日温泉

    【静岡・三ケ日温泉】「浜名湖うなぎ」が特産!アルカリ性単純温泉…

    2019.12.30

  4. 兵庫・大沢温泉

    【兵庫・大沢温泉】赤褐色の湯色が特徴!週末レジャーに最適な温泉地

    2019.12.30

  5. 愛知・内海温泉

    【愛知・内海温泉】1988年の開湯!「日本の渚百選」にも選出される…

    2019.12.30