【現地レポ】湯之沢館 (群馬・赤城温泉郷)で日帰り入浴!湯の花浮かぶ極上湯を堪能してきた

赤城温泉郷湯ノ沢館

画像:meguri編集部撮影

湯之沢館のある赤城温泉郷を日帰り訪問!

赤城温泉郷

今回は群馬県の赤城温泉郷と呼ばれる温泉郷へ都内から車で訪問しました。
高速道路を利用して、車でだいたい2時間〜3時間弱程度の距離かと思いますので、日帰りでも問題なくアクセス可能な温泉郷といえます。

赤城温泉郷は標高700〜900mに位置し、赤城温泉・忠治温泉・滝沢温泉の5件の小さな宿の集まりで構成されていて、宿間の距離も近いので、まとめて日帰りで湯めぐりも可能です。
特に、湯ノ沢館のある場所は、近くに温泉施設が密集している場所になります。

赤城温泉郷へのアクセス情報としては以下の通りです。
湯ノ沢館のある場所へは駐車スペース(無料)があるので、そちらに駐車して歩いて向かう形になります。
傾斜も急な場所も少なくないので、雪が降っている場合は、転ばないように注意しましょう。

車の場合関越自動車道高崎IC、または赤城ICから約45分。北関東自動車道路駒形ICから約40分
電車の場合関越自動車道高崎IC、または赤城ICから約45分。北関東自動車道路駒形ICから約40分

湯之沢館は山々に囲まれた場所にひっそりと佇む、温泉宿

今回訪問時には雪が降っていました。

湯ノ沢館は滝沢館からさらに車で山道を登った先にある温泉施設で、その周囲には温泉施設が複数点在しています。

湯ノ沢館に入るとこのようなかなりシンプルな作りのお宿で、
「すいません!」と声をかけて、お宿の方が出てきてくださりました。
(ご年配の方がスタッフでしたが、「はい、600円」とだけ言われたので、少し寂しい気持ちになりました・・・)

日帰り入浴の営業時間・日帰り入浴料金としては以下の通りです。
不定休ですので、日帰り入浴される方は事前に営業されているかを確認するのが良いかと思います。

日帰り入浴営業時間11:00~16:00 (都合により短縮する場合がございます)
定休日不定休(予告なくお休みいただく場合がございます)
日帰り入浴料金大人600円
子供400円
こんな形の入り口です。

後ほど写真で浴室の写真をご紹介しますが、
浴室内には貴重品を預けられる設備はありませんので、携帯電話などの貴重品は車に置いてくるか、お宿の方に預けるなりしておきましょう。

宿泊も受け付けており、全5室(和室×2、和洋室×3)の小さなお宿です。
今回は日帰り客があまりいなそうだったので、お宿内は結構暗めでした。

湯之沢館に日帰り入浴!極上濁り湯を独泉で堪能。カモシカが現れることも?

湯ノ沢館の温泉は上記のような画像の通り、濁っている泉質が特徴で、
湯ノ沢館のある赤城温泉は奈良時代から「上州の薬湯」としても知られている療養泉という側面もある温泉です。

湯ノ沢館の温泉は、赤城温泉に含まれる温泉成分(主にカルシウム)によって、一定の時間で浴槽の水面に薄い皮膜のような「湯の華」が浮くそうですが、私たちが訪問した際にはそのような現象は見られませんでしたが、これは赤城温泉の温泉パワーを証明しているものと言えそうです。

赤城温泉の源泉はこのように濁った湯色をしていますが、
温泉が湧出した際には透明で、時間の経過とともに色を変える不思議なお湯です。

湯ノ沢館の泉質・効能としては以下の通りです。

泉質カルシウム・マグネシウム・ナトリウム 炭酸水素塩温泉(中性低張性高温泉)
効能神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病

前述の通り、貴重品ロッカーのような類のものは浴室内には存在しませんので、貴重品は事前に車に置いてくるなり、宿の方に預けるなりすると良いかと思います。

湯ノ沢館は、内湯と、名物「瀬音露天風呂」の2つがあり、
男女入れ替えになっていた気がします。ネットで調べると混浴となっているそうですので、事実はお確かめください。(meguri編集部が訪問した際には内湯は女子風呂、大浴場は男性になっていたかと思います)

名物露天風呂は以下のような豪快な湯船になっていて、
温度の異なる2つの浴槽が用意されており、外側の湯船にはかなりぬる湯だったので、冬場は寒いかと思います。

名物「瀬音露天風呂」はお湯の良さはいうまでもなく、
何と言っても目の前の大自然を眺めながらの入浴は言うまでもなく素晴らしい体験
です。
今回は3月に訪問しましたが、雪が降っていましたので見事な雪見風呂を心ゆくまで堪能させていただきました。

次赤城温泉郷に訪問する際には、宿泊して堪能したいと思うので、その際にはまた別のレポート記事をあげたいと思います。

最後に湯ノ沢館の施設情報をまとめて終わります。
ぜひ赤城温泉郷に訪問の際にはご利用くださいませ。

住所〒371-0241 群馬県前橋市苗ケ島町2027
電話番号0120-268-225(フロハフウフデゴー)
公式HPhttp://yunosawakan.com/

関連記事

  1. 滝沢温泉滝沢館

    【現地レポ】滝沢館 (群馬・赤城温泉郷)で日帰り入浴!日本秘湯を守る会にも所属する極上にごり湯を堪能

  2. 和心の宿オーモリ(群馬・伊香保温泉)

    【現地レポ】和心の宿オーモリ(群馬・伊香保温泉)で絶景露天風呂を楽しむ【日帰り可】

  3. 伊香保温泉/福一

    【現地レポ】伊香保温泉/福一の平日訪問は色々良すぎた

  4. 宮沢湖温泉 喜楽里別邸(埼玉)

    【現地レポ】宮沢湖温泉 喜楽里別邸(埼玉)の日帰り温泉と、充実施設を堪能してきた

  5. 早稲田天然温泉 めぐみの湯

    【現地レポ】早稲田天然温泉 めぐみの湯 (埼玉)の個室利用で、本物源泉を楽しんできた

  6. 伊香保温泉横手館

    【現地レポ】横手館(群馬・伊香保温泉)は、まるで千と千尋の神隠しの舞台のような美しさだった

  7. 喜連川温泉 市営もとゆ温泉 第1温泉浴場

    【現地レポ】喜連川温泉 市営もとゆ温泉 第1温泉浴場は、300円で入浴できる県民に愛される公衆浴場

  8. 早乙女温泉(喜連川温泉)

    【現地レポ】早乙女温泉(喜連川温泉)の極上硫黄泉を堪能してきた

  9. 伊香保温泉石段の湯

    【現地レポ】石段の湯(群馬・伊香保)は400円で日帰り入浴できる神コスパ温泉施設だった

  10. 四万温泉四万たむら

    【現地レポ】四万たむら(群馬・四万温泉)は創業500年、茅葺屋根の美しい源泉かけ流しの温泉宿だった

  11. 猿ヶ京温泉日帰り温泉施設まんてん星の湯

    【現地レポ】まんてん星の湯(群馬・猿ヶ京温泉)は絶景露天風呂が特徴の総合型温泉リゾートだった

  12. 伊香保温泉ホテル天坊

    【現地レポ】温泉旅館 ホテル天坊 (群馬・伊香保)でホッと一息できる大浴場を日帰り入浴してきた

  13. 伊香保温泉お宿玉樹

    【現地レポ】お宿玉樹(群馬・伊香保)は「黄金の湯」「白銀の湯」を楽しめる最強コスパ温泉だった

  14. 群馬県四万温泉伊藤園ホテル四万

    【現地レポ】伊東園ホテル四万(群馬・四万温泉)は9500円で朝夕食付き、超コスパ温泉施設だった

  15. 法師温泉長寿館

    【現地レポ】法師温泉長寿館 (群馬)の名物混浴「法師乃湯」を、日帰り&宿泊利用してきた